English

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構

基礎生物学研究所

国際連携

NIBBコンファレンス - 開催リスト

The 66th NIBB Conference / ABiS International Symposium "Cutting Edge Techniques of Bioimaging"

Organizers Naoto Ueno (NIBB)
Toshihiko Fujimori (NIBB)
Junichi Nabekura (NIPS)
Masanobu Kano (NIPS / The University of Tokyo)
Venue Okazaki Conference Center, Okazaki, Japan
Date Feb. 17-18, 2019
Link オフィシャルサイト (http://www.nibb.ac.jp/conf66/)
Poster The 66th NIBB Conference / ABiS International Symposium
 イメージング技術は分子・細胞・組織から個体に至るまで広く汎用されており、生命科学の研究領域において必須の解析技術となっている。観察対象の時空間的な動態を高速かつ高分解能で、また複数の対象物を同時に捉えるために、新規のプローブや顕微鏡の開発、撮像した画像からの情報抽出と定量化技術の開発が著しい勢いで進められている。基礎生物学研究所でも、新たな観察技術や画像解析の開発、トレーニングコースによる技術普及、統合イメージング共同利用研究、生理研と共に中核機関として参画している先端バイオイメージング支援プラットフォーム事業 (ABiS) など様々な活動を展開しており、日本のイメージング研究において大きな役割を担っている。このような背景をふまえ、第66回基生研コンファレンスがABiSと共催で“Cutting Edge Techniques of Bioimaging” と題して、平成31年2月17日から18日まで岡崎コンファレンスセンターにおいて国際会議として開催された。
 今回のコンファレンスでは、最先端イメージング技術の情報共有と議論を深めることを目的として、特に超解像度イメージングとライブセルイメージングに焦点をあて、これらの分野において先端的な取り組みをしている国内外の研究者の講演と、イメージングに関するポスター発表、ポスターから選ばれたショートトークが行われ、講演の質疑応答やポスターの前で熱い議論が交わされた。参加者は総勢102名で、先端イメージング機器を用いた成果や解析技術の情報を得ることができ、それぞれの研究における先端イメージング技術の導入について深く考えることができた。また、今後のメージング分野における連携について考えなおす良い機会となった。日本では、予算などの問題で先端機器を導入し常に適切な状況で稼働させることが難しくなりつつある。3年前に始まった先端的なイメージング技術を提供しているABiS事業のような、ネットワーク型の支援活動を今後さらに発展させ、日本のイメージング研究を支えていく必要があろう。このコンファレンスの開催にあたり、ご尽力いただいた基生研と生理研のメンバーに感謝の意を表したい。
 
真野 昌二(研究力強化戦略室/オルガネラ制御研究室/ABiS基生研事務局)
Program
 
February 17 (Sun) at the Okazaki Conference Center (OCC)
12:00 - 13:00 Registration
   
Opening Remarks 
13:00 - 13:10 "Message from NIBB"
  Masayuki Yamamoto (Director General, National Institute for Basic Biology, Japan)
13:10 - 13:20 "Message from ABiS"
  Masanobu Kano (National Institute for Physiological Science / The University of Tokyo) )
   
Session 1: Super-resolution Imaging
Chair: Junichi Nabekura
13:20 - 14:00 "Regulatory Mechanisms of Axonal Transport Investigated by Single-Molecule and Super-Resolution Live Cell Imaging"
  Yasushi Okada (The University of Tokyo / RIKEN, Japan)
   
14:00 - 14:40 "Imaging Life with the Emerging Frontiers in Spatio-temporal Resolution"
  Teng-Leong Chew (HHMI Janelia Research Campus, USA)
   
14:40 - 15:20 "Role of Forces on the Actin Network"
  Naoki Watanabe (Kyoto University, Japan)
   
15:20 - 15:30 Group Photo
   
15:30 - 16:00 Coffee Break
   
Short Talk selected from Posters
Chair: Toshihiko Fujimori
16:00 - 16:10 Poster No. 17
  "Super-resolution Imaging of Mitochondrial Inner-membrane in Living Cells"
  Masayuki Taki (Nagoya University, Japan)
   
16:10 - 16:20 Poster No. 24
  "Microtubule Dynamics and Centrin-Related Proteins in the Haptonema of Haptophyte Algae"
  Ryuji Yanase (University of Tsukuba, Japan)
   
16:20 - 16:30 Poster No. 31
  "From Nano to Macro: Advanced Imaging Techniques for Neuroscience Applications"
  Shinya Komoto (Okinawa Institute of Science and Technology, Japan)
   
16:30 - 16:40 Poster No. 7
  "Real-time Polarization Resolved Imaging for Living Mice Tissues by Two-photon Excitation Spinning Disk Confocal Microscopy"
  Kohei Otomo (Hokkaido University, Japan)
   
16:40 - 16:50 Poster No. 19
  "Imaging Protein Activity by 2-photon Fluorescence Lifetime Imaging Microscopy"
  Hideji Murakoshi (National Institute for Physiological Sciences, Japan)
   
16:50 - 17:00 Poster No. 29
  "Blood Vessel-guided Neuronal Migration in the Adult Olfactory Bulb"
  Takashi Ogino (Nagoya City University, Japan)
   
Poster Session
17:00 - 18:00 Poster Title List
   
Mixer along with Poster Session
18:00 - 20:00  
   
   
February 18 (Mon) at the Okazaki Conference Center (OCC)
   
Session 2: Live Cell Imaging
Chair: Naoto Ueno
9:00 - 9:40 "Optical Modeling of Living Cells Towards the Live-cell Imaging with Higher-order Adaptive Optics"
  Yosuke Tamada (National Institute for Basic Biology, Japan)
   
9:40 - 10:20 "In Toto Imaging and Reconstruction of Post-Implantation Mouse Development at the Single-Cell Level"
  Kate McDole (HHMI Janelia Research Campus, USA)
   
10:20 - 10:50 Coffee Break
   
10:50 - 11:30 "High Temporal and Spatial Pattern Stimulation to Manipulate Brain Function"
  Hiroaki Wake (Kobe University, Japan)
   
11:30 - 12:10 "Chemistry-enabled Imaging in Plants"
  Tetsuya Higashiyama (Nagoya University, Japan)
   
Closing Remarks
12:10 - 12:20 Naoto Ueno (National Institute for Basic Biology)