プレスリリース概要

Homeニュース最新ニュース > プレスリリース概要
2015年11月06日
油脂合成に関わる遺伝子の発現時期をコントロールすることで種の油を増やすことに成功

植物由来の油は食用、工業用として世界中で、幅広く利用されています。近年では、環境に配慮したバイオ燃料やバイオプラステックの原料としても注目を集め、植物油脂の需要は年々拡大しています。油を搾る目的で栽培される多くの油糧作物は種子に油を蓄積するため、種子中の油脂含量を高めることが求められています。今回、基礎生物学研究所の金井雅武研究員、真野昌二助教および西村幹夫特任教授らの研究グループは、種子での油脂合成に関わる遺伝子をより長い期間働かせることで、種子内により多くの油を蓄積させることに成功しました。この成果は植物科学専門誌Plant Biotechnology Journal 2015年10月26日にオンライン公開されました。

 

fig2.jpg

油脂合成期を延長させた種子

 

kanai.jpg

左より研究グループの真野昌二助教、金井雅武研究員、西村幹夫特任教授