大学共同利用機関法人 自然科学研究機構

基礎生物学研究所

English

ニュース

プレスリリース概要

2012.03.05

神経管をつくるには周囲の細胞の動きも重要

脳や脊髄といった中枢神経系は、受精後、体の形が作られるごく初期の段階で「神経管」と呼ばれるチューブ状の構造から形成されます。この神経管の形成が上手くいかないと、脳や脊髄の形成異常の原因となります。基礎生物学研究所の上野直人教授、森田仁研究員らは、アフリカツメガエルを用いた研究により、神経管の形成には、神経にならない周囲の組織の細胞運動が必須であることを具体的に明らかにしました。この成果は、専門誌Developmentにて発表されました。神経管閉鎖不全の細胞、組織レベルでの原因解明に寄与する成果です。

 

120305morita.jpg

森田仁研究員