プレスリリース概要

Homeニュース最新ニュース > プレスリリース概要
2017年03月28日
凍結保存した精巣組織の細胞から絶滅危惧種であるメダカを再生することに成功

国立大学法人 秋田大学

国立大学法人 東京海洋大学

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 基礎生物学研究所

 

 国立大学法人秋田大学(学長:山本文雄)、国立大学法人東京海洋大学(学長:竹内俊郎)、大学共同利用機関法人自然科学研究機構 基礎生物学研究所(所長:山本正幸)は、メダカ精巣を凍結保存する方法を開発するとともに、長期間液体窒素中で保存していたメダカ精巣から、機能的な卵と精子を生産し、これらから正常な次世代個体を生産することに成功しました。

 同成果は、秋田大学バイオサイエンス教育・研究サポートセンターの関信輔助教、東京海洋大学の吉崎悟朗教授、基礎生物学研究所の成瀬清特任教授の研究グループによるもので、平成29年3月3日に英科学誌「Scientific Reports」に掲載されました。

 

fig1.jpg