プレスリリース概要

Homeニュース最新ニュース > プレスリリース概要
2015年12月24日
温度でオスとメスが決まるミシシッピーワニの性決定の仕組みにはTRPV4チャネルが関与する

自然科学研究機構 基礎生物学研究所

自然科学研究機構 生理学研究所

 

 

温度でオスとメスが決まるミシシッピーワニの性決定の仕組みには

TRPV4チャネルが関与する

 

 ワニなど一部の爬虫類は、卵発生中の環境温度によって性が決まることが知られています。しかしながら、発生中の胚が、環境温度をどのように受容し、オス化あるいはメス化していくのか、そのメカニズムは明らかとなっていませんでした。岡崎統合バイオサイエンスセンター・基礎生物学研究所・分子環境生物学研究部門/総合研究大学院大学の谷津遼平大学院生、宮川信一助教、荻野由紀子助教、井口泰泉教授、岡崎統合バイオサイエンスセンター・生理学研究所・細胞生理研究部門の齋藤茂助教、富永真琴教授及び米国サウスカロライナ医科大学の河野郷通助教とLouis J. Guillette Jr教授らを中心とする国際研究グループは、北海道大学、鳥取大学、Innovative Health Applicationsとともに、ミシシッピーワニでは、温度センサータンパク質であるTRPV4チャネルが、環境温度によって性が決まる仕組みに関与することを見出しました。この研究成果は2015年12月18日に科学雑誌サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)誌に掲載されました。

 

 

fig0.jpg

ミシシッピーワニの卵と孵化の様子

 


Iguchi_and_Tominaga.jpg

研究チームメンバー:左から荻野助教、谷津大学院生、宮川助教、井口教授、富永教授、齋藤助教