大学共同利用機関法人 自然科学研究機構

基礎生物学研究所

English
  • Home
  • ニュース
  • > 花の色素合成に関わり、花の色を濃くする新しいタンパク質を発見 〜新しい価値を持った花や果実の品種改良につながる可能性〜

ニュース

プレスリリース概要

2014.03.14

花の色素合成に関わり、花の色を濃くする新しいタンパク質を発見 〜新しい価値を持った花や果実の品種改良につながる可能性〜

花の多くはアントシアニンという色素によって彩られています。このアントシアニンを生産する効率を高めて、花の色を濃くする新しいタンパク質を、基礎生物学研究所の森田裕将(モリタ ヤスマサ)研究員(現香川大学)、星野敦助教らは、サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社、農研機構花き研究所などと共同で発見しました。この成果は、3月14日に植物学専門誌The Plant Journal電子版に掲載されました。

 

fig1.jpg

EFPタンパク質が働いていないアサガオの突然変異体(左)と正常なアサガオ(右)

 

photo.jpg

研究チームの星野敦助教(左)、森田裕将研究員(中央)、田中良和上席研究員(右)