大学共同利用機関法人 自然科学研究機構

基礎生物学研究所

English
  • Home
  • ニュース
  • > テントウムシの卵巣移植および卵巣凍結保存に成功

ニュース

プレスリリース概要

2018.07.13

テントウムシの卵巣移植および卵巣凍結保存に成功

基礎生物学研究所 進化発生研究部門の川口はるか特任研究員と新美輝幸教授の研究グループは、テントウムシの卵巣移植技術を開発し、テントウムシ卵巣の凍結保存に初めて成功しました。米粒ほどの大きさのテントウムシの幼虫から卵巣を取り出し、凍結保護剤で処理した後に液体窒素中で凍結保存することが可能となりました。凍結保存した卵巣は、解凍後に別の幼虫の体内に移植することで、凍結卵巣由来の子孫を残すことが出来るようになりました。
 
昆虫での卵巣移植および卵巣凍結保存の成功は、比較的大きな卵巣を持つカイコなどに続く成功例となります。本技術により、より多様な昆虫の生物遺伝資源の安定した保存につながることが期待されます。本研究成果はJournal of Insect Biotechnology and Sericology に2018年7月13日に掲載されました。

fig1.jpg
米粒(左)とナミテントウ4齢幼虫(中央)および卵巣(右)の大きさの比較
左下のスケールバーは1mm