プレスリリース概要

Homeニュース最新ニュース > プレスリリース概要
2017年05月31日
多能性幹細胞について、転写因子ZIC2を中心とした、定説を覆す新しい制御機構を発見 〜iPS細胞をはじめとした多能性幹細胞の研究の新展開を期待〜

京都産業大学

自然科学研究機構 基礎生物学研究所

 

京都産業大学 総合生命科学部 近藤 寿人 教授と自然科学研究機構 基礎生物学研究所生物機能解析センター 重信 秀治 特任准教授らは、「In vivo ビオチン化転写因子を用いた汎用性と定量性をもったChIP-Seq 解析法の確立」に関する共同研究を行い、その解析法を多能性幹細胞の研究に用いて、これまでの定説を覆す、転写因子ZIC2を中心とした新しい制御機構を発見しました。

 

【発表論文】

"ChIP-seq analysis of genomic binding regions of five major transcription factors highlights a central role for ZIC2 in the mouse epiblast stem cell gene regulatory network" 

(5種類の主要な転写因子に関するゲノム上の結合領域の解析から、マウスエピブラスト幹細胞ではZIC2が遺伝子発現制御の主役であることが明らかになった)

 

英国発行の国際科学雑誌 Development 114巻11号1948-1958

                                    (5月30日正午[英国時間]刊行)に掲載

 

【本研究に参加したメンバー】

 

京都産業大学  近藤寿人、飯田英明(大学院生、現研究員)

基礎生物学研究所  重信秀治、山口勝司(主任技術職員)

 

[試料作製と予備解析] 

大阪大学(生命機能研究科) 松田一成、三上智之(大学院生、現社会人)

Munazah Andrabi(研究員、現Manchester大)

 

[ゲノムデータ解析ツールの提供と解析のサポート]

九州大学(医学研究院) 沖 真弥(助教)

 

[転写因子ビオチン化システムの提供]

Emory University School of Medicine    Jeremy B. Boss(教授)