English

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構

基礎生物学研究所

  • Home
  • ニュース
  • > ペルオキシソームのタンパク質輸送に関わる植物特異的な新規因子を発見

ニュース

プレスリリース概要

2011.06.18

ペルオキシソームのタンパク質輸送に関わる植物特異的な新規因子を発見

植物細胞の中には、核や葉緑体など様々なオルガネラ(細胞内小器官)がありますが、これらのうち、ペルオキシソームは植物の発芽や光合成、種子形成に関わり、植物生長に必須なオルガネラです。しかし、植物細胞におけるペルオキシソーム形成の仕組みはあまり明らかにされていませんでした。今回、基礎生物学研究所・高次細胞機構研究部門の後藤志野大学院生(総合研究大学院大学)、真野昌二助教および西村幹夫教授らは、ペルオキシソームのタンパク質輸送に関わる植物特異的な新規因子を発見しました。この成果は、国際植物学専門誌 The Plant Cellの電子版にて発表されました。詳しくはプレスリリースをご覧下さい。

110531_goto.jpg


左から後藤大学院生、真野助教、西村教授