国際連携

Homeニュース最新ニュース > 国際連携
2015年12月10日
第64回NIBBコンファレンス "Evolution of Seasonal Timers" 参加者募集

基礎生物学研究所は2016年4月22日~24日の日程で、第64回NIBBコンファレンス”Evolution of Seasonal Timers”を開催いたします。生物は四季の環境の変化に上手に適応するために、様々な生理機能や行動を季節の変化に応じて変化させています。1年のリズムを刻む体内時計(概年時計)はリスの冬眠や渡り鳥の渡りから単細胞生物の生活史にまで影響を及ぼす基本的な性質ですが、その仕組みは謎に包まれています。本シンポジウムは植物、昆虫、脊椎動物など、様々な生物種において、国際的に最前線で活躍されている研究者を交えて、季節性測時機構や概年時計の仕組みについて議論し、理解を深めることを目的としています。ポスター発表の機会も設けています。皆様、奮ってご参加下さい。

オーガナイザー:

Andrew Loudon (University of Manchester, UK)

David Burt (Roslin Institute, UK)

David Hazlerigg (University of Tromsø, Norway)

吉村崇(基礎生物学研究所)

 

講演者:

Brian Barnes (University of Alaska Fairbanks, USA)

David Burt (Roslin Institute, UK)

Nicholas S. Foulkes (Karlsruhe Institute of Technology, Germany)

David Hazlerigg (University of Tromsø, Norway)

Andrew Loudon (University of Manchester, UK)

C. Robertson McClung (Dartmouth College, USA)

Michael Menaker (University of Virginia, USA)

Valérie Simonneaux (University of Strasbourg, France)

Kristin Tessmar-Raible (University of Vienna, Austria)

Takeshi Izawa (National Institute of Agrobiological Sciences)

Jun Kitano (National Institute of Genetics, Japan)

Hiroshi Kudoh (Kyoto University, Japan)

Norihito Nakamichi (Nagoya University, Japan)

Ryusuke Niwa (Tsukuba University, Japan)

Hideharu Numata (Kyoto University, Japan)

Akiko Satake (Kyushu University, Japan)

Toru Takumi (RIKEN BSI, Japan)

Katsumi Tsukamoto (Nihon University, Japan)

Takashi Yoshimura (National Institute for Basic Biology, Japan)

 

詳細・参加登録はコンファレンス WEBサイトよりお願いします。

また、開催にあたりポスター発表参加者を募集いたします。

登録されたポスターの中から口頭発表に選ばれる可能性もあります。

 

日程:2016年4月22日(金)~4月24日(日)


場所:愛知県岡崎市・岡﨑コンファレンスセンター

URL: http://www.nibb.ac.jp/conf64/

 

使用言語 英語

参加費 一般 8,000円 学生 5,000円

(参加費に昼食2回、懇親会1回を含む)

 

問い合わせ先:

〒444-8585 岡崎市明大寺町西郷中38

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 基礎生物学研究所 国際連携室 

TEL: 0564-55-7596

FAX: 0564-55-7576


E-mail: conf64@nibb.ac.jp

 

conf64_big.jpg