ニュースレター
領域会議・シンポジウム
アウトリーチ

クロマチン潜在能ニュースレター

領域会議・シンポジウム

第2回 領域会議2019年6月20日~22日 ホテル竹島(蒲郡)

2019年6月20日(木)〜22日(土)、ホテル竹島(愛知県蒲郡市)にて、本新学術領域の第2回領域会議・第1回ワークショップが開催されました。本領域の計画研究代表者・公募研究代表者・分担者・研究協力者と関係研究室の若手研究者、領域評価者・助言者の先生方にも加わっていただき、総勢99名の参加がありました。発表、ワークショップ共に熱い議論が繰り広げられ、本研究領域の視野を広げるきっかけになりました。今後の領域内の共同研究の発展が期待されます。

3R+3C Symposium (International meeting)

日時 2018年11月12日(月) 17時頃~16日(金) 12時頃(予定)
会場 金沢市文化ホール金沢市高岡町15-1
オーガナイザー 白髭克彦(東京大学)、広田亨(がん研究会)、木村宏(東京工業大学)、正井久雄(東京都医学総合研究所)
研究代表者 木村 宏
後援 文部科学省新学術領域研究「クロマチン潜在能」、「染色体OS」、日本分子生物学会
申し込み・問い合わせ先  E-mail info[a]3r-3c2018.org([a]を@に変えてください)
http://www.3r-3c2018.org/

第1回 領域会議2018年9月1日~2日 国立遺伝学研究所(三島)

2018年9月1日(土)-2日(日)、国立遺伝学研究所(静岡県三島市)において、本新学術領域の第1回領域会議が開催されました。本領域の計画研究代表者・分担者・研究協力者に、領域評価者・助言者の先生方、文部科学省学術調査官の方にも加わっていただき、総勢35名の参加がありました。領域のゴールの共有、5年間の研究計画、共同研究や広報戦略など、今後の領域の方針が話し合われました。

アウトリーチ

第29回 細胞生物学ワークショップ

2018年8月6日(月)-10日(金)に、平岡泰(計画研究代表)、原口徳子(計画研究分担)主催「第29回細胞生物学ワークショップ蛍光顕微鏡トレーニングコース1-初級から中級-」を開催しました。本ワークショップは、若手研究者のバイオイメージング技術修得の促進を目的としており、今回は、全国から選抜した大学院生と若手研究者あわせて16名が参加しました。本領域からは、木村宏(領域代表)と山縣一夫(計画研究代表)が講師として参加したほか、本領域計画研究の研究室からも6名の若手研究者が受講生として参加しました。

Top