基礎生物学研究所 名誉教授

Home研究部門・施設 > 基礎生物学研究所 名誉教授 > 名誉教授

名誉教授

研究教育職員

岡田 清孝

名誉教授 岡田 清孝

研究の概要

(2012年度当時のものです)
葉の形成の第一段階は、茎頂分裂組織の周縁部において特定の位置の細胞が活発に分裂を始め、葉原基を形成することである。しかし、細胞分裂を開始する位置(葉序)の決定機構についてはわかっていないことが多い。また、葉の形成に伴い、表側と裏側、中央部と周辺部などの区別を生じる仕組みについても十分に理解されていない。植物器官の形成過程においては、分裂組織での細胞間の情報伝達が重要な役割を持つと考えられている。本研究室では、microRNAや細胞間隙に存在するペプチドなど、細胞間情報伝達因子の実体の解明とその動態を解析している。分裂組織の機能解析のために様々な外科手術を加えた古典的な研究を新たに見直し、イメージングやレーザーを用いた微小手術の手法と情報生物学や理論生物学によるモデリングの方法を併せ用いて、植物の器官発生過程における位置情報の理解を目指す。

研究室関連資料

参考文献

Yoshida, Y., Sano, R., Wada, T., Takabayashi, J., and Okada, K. (2009). Jasmonic acid control of GLABRA3 links inducible defense and trichome patternning in Arabidopsis. Development 136, 1039-1048.

Nishimura, T., Wada, T., Yamamoto, K.T., and Okada, K. (2005). The Arabidopsis STV1 protein, responsible for translation reinitiation, is required for auxin-mediated gynoecium patterning. Plant Cell 17, 2940-2953.

Watanabe, K., and Okada, K. (2003). Two discrete cis elements control the Abaxial side-specific expression of the FILAMENTOUS FLOWER gene in Arabidopsis. Plant Cell 15, 2592-2602.

Matsumoto, N., and Okada, K. (2001). A homeobox gene, PRESSED FLOWER, regulates lateral axis-dependent development of Arabidopsis flowers. Genes Dev. 15, 3355-3364.

Sawa, S., Watanabe, K., Goto, K., Liu, Y.G., Shibata, D., Kanaya, E., Morita, E.H., and Okada, K. (1999). FILAMENTOUS FLOWER, a meristem and organ identity gene of Arabidopsis, encodes a protein with a zinc finger and HMG-related domains. Genes Dev. 13, 1079-1088.