神経生物学領域

Home研究部門・施設 > 神経生物学領域 > 光脳回路研究部門

光脳回路研究部門

研究教育職員

松崎 政紀

教授 松崎 政紀

研究の概要

運動・認知・学習などを司る脳機能は多数の神経細胞の協調的な活動によって成り立っている。この動作原理を回路機能として理解するためには、脳内の多数の細胞活動やその入出力、神経細胞間の情報伝達の場であるシナプスの活動・可塑性を、リアルタイムで計測・操作する必要がある。当研究室では、2光子イメージング、光遺伝学、ケミカルバイオロジー、電気生理学、等を融合した方法論を開発し、これをマウス・ラットの脳に適用することで、脳回路情報処理メカニズムの実体解明を目指している。

大学院生の募集

本研究室では、局所回路、大脳ネットワーク、多細胞活動ダイナミクス、シナプス可塑性、神経・精神疾患の脳回路動作異常、などに興味のある大学院生を募集しています。

研究室関連資料

参考文献

Sadakane O., Masamizu Y., Watakabe A., Terada S., Ohtsuka M., Takaji M., Mizukami H., Ozawa K., Kawasaki H., Matsuzaki M., and Yamamori T. (2015). Long-term two-photon calcium imaging of neuronal populations with subcellular resolution in adult non-human primates. Cell Rep. 13, 1989-1999.

Hira R., Terada S., Kondo M., and Matsuzaki M. (2015). Distinct functional modules for discrete and rhythmic forelimb movements in the mouse motor cortex. J. Neurosci. 35, 13311-13322.


Hira R., Ohkubo F., Masamizu Y., Ohkura M., Nakai J., Okada T., and Matsuzaki M. (2014). Reward-timing-dependent bidirectional modulation of cortical microcircuits during optical single-neuron operant conditioning. Nat. Commun. 5, 5551.

Masamizu Y., Tanaka Y.R., Tanaka Y.H., Hira R., Ohkubo F., Kitamura K., Isomura Y., Okada T., and Matsuzaki M. (2014). Two distinct layer-specific dynamics of cortical ensembles during learning of a motor task. Nat. Neurosci. 17, 987-994.
 

Hira R., Ohkubo F., Ozawa K., Isomura Y., Kitamura K., Kano M., Kasai H., and Matsuzaki M. (2013). Spatiotemporal dynamics of functional clusters of neurons in the mouse motor cortex during a voluntary movement. J. Neurosci. 33. 1377-1390.


Matsuzaki M., Hayama T., Kasai H. and Ellis-Davies G.C.R. (2010). Two-photon uncaging of γ-aminobutyric acid in intact brain tissue. Nat. Chem. Biol. 6. 255-257.
 

Matsuzaki M., Honkura N., Ellis-Davies G.C.R. and Kasai H. (2004). Structural basis of long-term potentiation in single dendritic spines. Nature 429. 761-766.

連絡先

松崎 政紀 教授 E-mail: mzakim@nibb.ac.jp TEL: 0564-55-7681