大学共同利用機関法人 自然科学機構

基礎生物学研究所

English

研究部門・施設

新規モデル生物開発センター

newmodel.jpg

概要

地球上には、生命誕生以来の長い歴史の中で様々な環境に適応した多種多様な生物が存在している。近年の生物学は、多くの生物に共通する基本原理の理解に重点が置かれ、実験室内での飼育が容易な限られた生物を「モデル生物」として集中的に解析することによって発展してきた。そのため、生物種に特有であるがために、解析がほとんど進んでいない興味深い生命現象が謎として多く残されており、その解明が生物学の今後の重要な課題となっている。この謎を解明するためには、それぞれの現象の解明に適した生物の安定的な飼育・繁殖に加え、実験操作技術の導入を進め、新たな「モデル生物」として整備することが重要である。
 
新規モデル生物開発センターは2013年度に新たに設置された組織であり、共生現象を理解するためのアブラムシやセイタカイソギンチャク、昆虫の進化研究のためのカブトムシなど、今まであまり研究に用いられてこなかった生物が新たな研究モデルとして確立されつつある。現在、新規モデル生物に関する情報共有、遺伝子解析から遺伝子改変、表現系解析までをシームレスに繋げる研究のパイプライン化に取り組んでいる。