進化多様性生物学領域

Home研究部門・施設 > 進化多様性生物学領域 > 多様性生物学研究室

多様性生物学研究室

研究教育職員

定塚 勝樹

助教 定塚 勝樹

研究の概要

「染色体の中にはDNA鎖がどのようにしてコンパクトに収納されているのか?」DNAの構造、そしてヒストンと結合したクロマチン繊維の構造は良くわかっているが、それがどのように折り畳まれて染色体として形作られるのかについては依然として謎に包まれている。私たちはモデル生物である酵母を用いて、クロマチン繊維がいかにして染色体へと形作られていくのか、そのメカニズムを理解することを目指している。さらに、細胞周期のさまざまなステージにおいて、核の中でゲノムの三次元的な形がどのように変化するのか、そしてそれがゲノムの安定維持や生物機能発現に果たす役割について研究している。

研究室関連資料

参考文献

Johzuka, K., Horiuchi T. (2009). The cis element and factors required for condensin recruitment to chromosomes. Mol. Cell. 34:26-35.

Johzuka, K., Horiuchi T. (2007). RNA polymerase I transcription obstructs condensin association with 35S coding regions and can cause contraction of long repeat in Saccharomyces cerevisiae. Genes Cells. 12:759-771.

Oakes, M.L., Johzuka, K., Vu, L., Eliason, K., Nomura M. (2006). Expression of rRNA genes and nucleolus formation at ectopic chromosomal sites in the yeast Saccharomyces cerevisiae Mol Cell Biol. 26:6223-6238.

Johzuka, K., Terasawa, M., Ogawa, H., Ogawa, T., Horiuchi, T. (2006). Condensin loaded onto the replication fork barrier site in the rRNA gene repeats during S phase in a FOB1-dependent fashion to prevent contraction of a long repetitive array in Saccharomyces cerevisiae. Mol Cell Biol. 26:2226-2236.

連絡先

定塚勝樹(じょうづか かつき) E-mail: kjozuka@nibb.ac.jp TEL: 0564-55-7692