環境生物学領域

Home研究部門・施設 > 環境生物学領域 > 季節生物学研究部門(客員研究部門)

季節生物学研究部門(客員研究部門)

研究教育職員

吉村 崇

客員教授 吉村 崇

四宮 愛

特任助教 四宮 愛

研究の概要

熱帯以外の地域に生息する動物は四季の環境の変化に適応するために季節に応じて様々な生理機能や行動を変化させている。この時、動物は日照時間や温度の変化を手掛かりとしているため、これらの現象は光周性、温周性とそれぞれ呼ばれている。本研究部門では、明瞭な季節応答を示し、ゲノム情報および分子遺伝学的な手法を利用できるメダカを主なモデル生物として、脊椎動物が季節の変化を感知する仕組みの解明に取り組んでいる。

 

研究室関連資料

参考文献

Ikegami, K., Liao, X.H., Hoshino, Y., Ono, H., Ota, W., Ito, Y., Nishiwaki-Ohkawa, T., Sato, C., Kitajima, K., Iigo, M., Shigeyoshi, Y., Yamada, M., Murata, Y., Refetoff, S., and Yoshimura, T. (2014). Tissue-specific post-translational modification allows functional targeting of thyrotropin. Cell Reports 9, 801-809.

 

Nakane, Y., Shimmura, T., Abe, H., and Yoshimura, T. (2014). Intrinsic photosensitivity of deep brain photoreceptor. Curr. Biol. 24, R596-R597.

 

Nakane, Y., Ikegami, K., Iigo, M., Ono, H., Takeda, K., Takahashi, D., Uesaka, M., Kimijima, M., Hashimoto, R., Arai, N., Suga, T., Kosuge, K., Abe, T., Maeda, R., Senga, T., Amiya, N., Azuma, T., Amano, M., Abe, H., Yamamoto, N., and Yoshimura, T. (2013). The saccus vasculosus of fish is a sensor of seasonal changes in day length. Nature Communications 4, 2108.

 

Shimmura, T., and Yoshimura, T. (2013). Circadian clock determines the timing of rooster crowing. Curr. Biol. 23, R231-R233.

 

Nakane, Y., Ikegami, K., Ono, H., Yamamoto, N., Yoshida, S., Hirunagi, K., Ebihara, S., Kubo, Y., and Yoshimura, T. (2010). A mammalian neural tissue opsin (Opsin 5) is a deep brain photoreceptor in birds. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 107, 15264-15268.

連絡先

吉村 崇 客員教授 E-mail: takashiy@nibb.ac.jp  TEL 0564-55-7601