発生生物学領域

Home研究部門・施設 > 発生生物学領域 > 生殖遺伝学研究室

生殖遺伝学研究室

研究教育職員

田中 実

准教授 田中 実

研究の概要

次世代を作り出すため、多くの動物は卵や精子という配偶子を作り出す。そこでは卵や精子の元となる生殖細胞が生殖幹細胞となって性分化し、適切なタイミングで適切な数に制御されなくてはならない。研究室では、この「性分化と性転換」と「生殖幹細胞の制御」から生殖を総合的に理解しようと遺伝子・細胞レベルで研究を進めている。
我々は、生殖細胞が単に配偶子になるだけではなく、適切な「性分化と性転換」には必須な細胞であるという、生殖細胞のまったく新しい機能をメダカを用いて見いだしてきた。また、卵巣にも生殖幹細胞が存在することを脊椎動物で初めて示し、そのニッチ構造を明らかにしてきた。メダカは哺乳類と同様、通常は性転換しないが、人為的には性転換が可能である。このことは幹細胞制御のダイナミズムと性分化転換とが密接に関わっていることを示しており、この「幹細胞と性」いう新たな視点で研究を押し進めている。さらに、生殖細胞の性という、未だ不明な現象の理解にも取り組んでいる。
これらの解析のために、可視化(イメージング)の系と分子遺伝学的解析系の開発には力を注いでおり、最近では、熱誘導 cre / loxP を用いたメダカ遺伝子誘導系の開発に成功した。

共同研究利用の募集

生殖機能全般に関する共同研究を募集しています。遺伝子誘導メダカなどの機能解析技術の開発、分子・細胞・組織の可視化技術や、新たな変異体系統作製の共同開発研究も募集しています。

大学院生の募集

性分化や性転換、内分泌現象、生殖幹細胞などの生殖全般について興味を持つ大学院生を歓迎します。新たな手法を用いて未知の生殖現象を探りつつ、性や生殖の重要な機能を解析してみませんか?従来の分野は問いません。具体的な様子は研究室ホームページをご覧下さい。

研究室関連資料

参考文献

Capel, B. and Tanaka, M. Forward to the Special Issue on Sex Determination Dev. Dyn. (2013) 242, 303-306.
Forward on the special issue of ‘sex determination’, edited by Capel and Tanaka.

Nakamura, S., Watanabe, I., Nishimura, T., Picard, J-Y., Toyoda, A., Taniguchi, Y., di Clemente, N. and Tanaka, M. Hyperproliferation of mitotically active germ cells dues todefective anti-Müllerian hormone signaling mediates sex reversal in medaka.
Development (2012) 139, 2283-2287.

Nakamura, S., Watanabe, I., Nishimura, T., Toyoda, A., Taniguchi, Y. and Tanaka, M. Analysis of medaka sox9 orthologue reveals a concerved role in germ cell maintenance. PLoS ONE (2012) 7(1), e29982. Faculty of 1000 “RECOMMENDED”

Nakamura, S., Kobayashi, K., Nishimura, T., Higashijima, S. and Tanaka, M. (2010). Identification of germline stem cells in the ovary of teleost medaka. Science 328, 1561- 1563.

Aoki, Y., Nakamaura, S., Ishikawa, Y. and Tanaka, M. (2009). Expresssion and systenic analysis of four nanos genes in medaka. Zool. Sci. 26, 112-118.

Kurokawa, H., Saito, D., Nakamura, S., Katoh-Fukui, Y., Ohta, K., Aoki, Y., Baba, T., Morohashi, K., and Tanaka, M. (2007). Germ cells are essential for sexual dimorphism in the medaka gonad. Proc. Acad. Natl. Sci. USA 104, 16958-16963. (Direct Submission to PNAS Office)

Morinaga, C., Saito, D., Nakamura, S., Sasaki, T., Asakawa, S., Shimizu, N., Mitani, H., Furutani-Seiki, M., Tanaka, M. (Corresponding Author), and Kondoh, H.  (2007).  The hotei mutation of medaka in the anti- Mullerian hormone receptor causes the dysregulation of germ cell and sexual development. Proc. Acad. Natl. Sci. USA 104, 9691-9696. (Direct Submission to PNAS Office)

Tanaka, M., Kinoshita, M., Kobayashi, D., and Nagahama, Y. (2001). Establishment of medaka (Oryzias latipes) transgenic lines with the expression of green fluorescent protein fluorescence exclusively in germ cells: A useful model to monitor germ cells in a live vertebrate. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 98, 2544 - 2549. (Direct Submission to PNAS Office)

諸橋憲一郎 田中実(監修) 細胞工学(2013) 32(2), 「性決定分化の制御システム」

中村修平 小林佳代 西村俊哉 田中実 メダカ卵巣の配偶子幹細胞 生化学 (2011) 83(7), 627-632.

中村修平 小林佳代 西村俊哉 田中実 メダカ卵巣の配偶子幹細胞 細胞工学 (2010) 29(7), 664-669.

田中実 メダカを用いた生体内細胞追跡と細胞除去のことはじめ 蛋白質核酸酵素 (2009) 54(5), 662-668.
 

連絡先

田中 実 准教授 E-mail: mtanaka@nibb.ac.jp TEL: 0564-59-5851

映像