>> 戻る

Previous News

2015.09.01 平成28年度公募要領を掲載しました

2015.04.28 “精子幹細胞が尽きることなく精子を作り続けるメカニズム ~分化する細胞としない細胞は
      どのようにして決まるのか?~” 吉田松生(計画研究)らの業績が Development に掲載されました
      >> 詳細 Topics

2015.01.22 “幼虫から生殖能力を有する成虫への変化を制御する新たな仕組みをショウジョウバエで発見”
      小林悟(領域代表)らの業績がProc. Natl. Acad. Sci. USAに掲載されました >> 詳細 Topics

2015.01.19 本領域活動のひとつである若手研究者育成国外成果発表支援により学会参加された白江麻貴さんの
       報告書 "X Meeting Spanish Society for Developmental Biology 〜 Postdoc symposiumに参加して 〜"
       を掲載しました。 >> 詳細

2014.11.21 “サバからマグロが産まれる!?”
      吉崎悟朗(計画研究)の著書が岩波書店より出版されました >> 詳細

2014.11.04 “Akt活性化による、始原生殖細胞の高効率での再プログラム化”
      松居靖久(計画研究)らの業績がDevelopment に掲載されました >> Topics

2014.07.22 “凍結保存したマウス精巣組織片からの精子産生と産仔に成功!”
      小川毅彦(計画研究)らの業績がNat Commun に掲載されました >> Topics

2014.05.02 “精子幹細胞の知られざる性質が明らかに ~幹細胞は異なる状態を繰り返し行き来する~”
      吉田松生(計画研究)らの業績が Cell Stem Cell に掲載されました >> Topics

2013.10.24 “培養下での培養精子幹細胞株からの精子分化誘導法”
      小川毅彦(計画研究)らの業績がNat Protoc に掲載されました >> 詳細

2013.09.25 “ES/iPS細胞からの卵子の作製”
      林克彦(計画研究)らの業績がNat Protoc に掲載されました >> 詳細

2013.09.03 平成26年度公募要領を掲載しました

2013.09.01 “幹細胞から非可逆的に幹細胞活性を失う”Time of no return”を同定”
      大保和之、吉田松生(計画研究)らの業績がDevelopmentに掲載されました >> 詳細

2013.07.09 新規採択について >> NIBB おしらせ

2013.06.28 新規採択決定「動物における配偶子産生システムの制御」(領域略称;配偶子産生制御)

ページの先頭へ

Home