寄付のお願い

Home研究所概要 > 寄付のお願い

「基礎生物学若手研究者育成基金」

nazuna

自然科学研究機構基礎生物学研究所は、微生物からヒトを含めた哺乳類まで地球上に存在する様々な生物を研究対象とし、生物がもつ特徴的な形や機能の成り立ち、進化のメカニズム、不思議な生活環などについて、その仕組みを明らかにするために、分子や細胞、そして個体のレベルで広く研究を行っています。これらの研究を進めるためには若手研究者は不可欠であり、とくに総合研究大学院大学・生命科学研究科・基礎生物学専攻に入学し博士号の取得を目指す大学院学生の教育を担い、将来基礎生物学を先導する研究者へと育むことは当研究所の重要な責務であると考えています。

 

しかしながら、若手研究者を取りまく現状は大変厳しく、とくに大学院学生は授業料や生活費の大きな経済的負担を負いながら学業を続けています。欧米の支援制度は返還を義務づけない給付型であるのに対し、日本の奨学金制度の多くは返還を義務とするもので、給付型奨学金はまだ十分に普及しておりません。このような状況において生物学を目指す優秀な学生が経済的な理由で大学院へ進学できない、あるいは学業を途中で断念せざるを得ないという例も多く見受けられます。

 

基礎生物学研究所はかねてより個人、法人のお申し出による寄附によって研究活動や一部大学院学生の支援を行って参りましたが、若手研究者がおかれているこうした状況をさらに改善し、とくに大学院学生を含む若手研究者に対しより一層の経済的支援を行うために、今回「基礎生物学若手研究者育成基金」を設け皆様からのご寄附を募ることとなりました。何とぞこの趣旨にご理解とご賛同を頂き、是非ご寄附をお寄せ頂くようよろしくお願い申し上げます。 
 

自然科学研究機構 基礎生物学研究所 所長

総合研究大学院大学 生命科学研究科基礎生物学専攻長

                              

山本正幸

寄附金の目的

総合研究大学院大学生命科学研究科基礎生物学専攻博士課程学生を含む若手研究者を支援するための奨学資金へのご寄附

 

寄附金の単位

法人:一口10万円

個人:一口 1万円


寄附金の手続き

ご寄附を賜ります場合は、寄附申込書にご記入の上、寄附申込先までお送りいただきますようお願い申し上げます。ご寄附のお申し込み後、自然科学研究機構から送付します「振込依頼書」により寄附金のお振込みをお願いします。(振込手数料は機構が負担いたします。)なお、寄附金の入金を確認させていただいた後には、「寄附金領収書」をお送りいたします。

 

○寄附申込書(wordファイル

○寄附申込書(記入例

 

寄附金に関する免税措置

自然科学研究機構への寄附は、所得税法上の寄附金控除の対象となる特定寄附金又は法人税法上の全額損金算入を認められる指定寄附金として財務大臣から指定されています。(平成16年3月財務省告示第178号及び昭和40年4月大蔵省告示第154号)

 

・法人からのご寄附の場合 → 全額損金に算入可能です。

 

・個人からのご寄附の場合

 → 所得税控除:寄附金額と所得金額の40%相当額のいずれか低い金額から2,000円を差し引いた金額が寄附金控除額となります。

 → 住民税控除:住民税の控除を受けられる場合があります。詳しくは「ご寄附に伴う税額控除について」をご覧ください。

 

○ご寄附に伴う税額控除について(PDF

寄附申込先及びお問い合わせ先

〒444-8585
愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
岡崎統合事務センター財務部財務課総務係

TEL:0564-55-7142・ 7184
FAX:0564-55-7149
E-mail:r7142@orion.ac.jp

 

〒444-8585
愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
基礎生物学研究所

TEL:0564-55-7652
FAX:0564-53-7400
E-mail:kifu@nibb.ac.jp