成果情報

【光学顕微鏡支援:稲葉一男(筑波大学)】[2024.04.20]
大岩和弘 主管研究員(情報通信研究機構 未来ICT研究所)の論文がBiophysics and Physicobiologyに掲載されました


Iwamoto H., Oiwa K., Shiba K., Inaba K. X-ray diffraction recording from a small amount of fibrous protein materials oriented by a micro shear-flow cell. Biophysics and Physicobiology (2024) DOI:10.2142/biophysico.bppb-v21.0014

<概要>本研究では、緑藻クラミドモナス、ホヤ精子の鞭毛を実験材料としてマイクロシアーフローセルを用いた少量の繊維状タンパク質材料からX線回折パターンを記録する方法について報告しました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:稲葉一男)では、実験材料であるホヤ精子の提供、鞭毛調製について解析支援を行いました。

最新成果ニュース

成果 2024.07.02
成果 2024.06.21
成果 2024.06.21
成果 2024.06.06
成果 2024.05.30
成果 2024.04.09
成果 2024.04.09
成果 2024.03.28
成果 2024.02.15
成果 2024.02.02
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問