成果情報

【電子顕微鏡支援担当:中村桂一郎(久留米大学)・太田啓介(久留米大学)】[2023.09.04]
野村真未 助教(山形大学)の論文が Frontiers in Cell and Developmental Biology に掲載されました


Nomura M., Ohta K., Nishigami Y., Nakayama T., Nakamura K.-I., Tadakuma K., Galipon J. Three-dimensional architecture and assembly mechanism of the egg-shaped shell in testate amoeba Paulinella micropora. Frontiers in Cell and Developmental Biology (2023) DOI:10.3389/fcell.2023.1232685

<概要>本研究では、有殻アメーバの珪酸質のパーツから構成される被殻構造を三次元的に解析し、細胞外に娘被殻が形成される際、母被殻に対して線対称の位置で構築されることを明らかにしました。ABiS・電子顕微鏡支援(支援担当:中村桂一郎・太田啓介)ではFIB-SEMを使用し、連続的な細胞構造の解析支援を行いました。

最新成果ニュース

成果 2024.06.21
成果 2024.06.21
成果 2024.06.06
成果 2024.05.30
成果 2024.04.09
成果 2024.04.09
成果 2024.03.28
成果 2024.02.15
成果 2024.02.02
成果 2023.12.08
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問