成果情報

【光学顕微鏡支援担当:根本 知己(北海道大学 現:生理学研究所)・中垣俊之・三上秀治(北海道大学)[2022.06.17]
小谷友也 准教授(北海道大学)の論文が iScienceに掲載されました


固相のRNA分子倉庫が液相のタンパク質合成工場に
~細胞が必要な時期に必要なタンパク質を合成する新たな仕組みを解明~

Sato K., Sakai M., Ishii A., Maehata K., Takada Y., Yasuda K., Kotani T. Identification of embryonic RNA granules that act as sites of mRNA translation after changing their physical properties. iScience 25, 104344 (2022) DOI:https://doi.org/10.1016/j.isci.2022.104344

<概要>本研究では、受精後に翻訳されるmRNAの存在様式とタンパク質の合成を時空間において高解像度で解析しました。その結果、受精卵で固相として存在したRNA顆粒が卵割期に液相の顆粒に変化し、その内部で翻訳を活性化するという、新たな翻訳制御機構の存在を発見しました。光学顕微鏡支援(支援担当:根本知己・中垣俊之・三上秀治)では、超解像顕微鏡による細胞のイメージングの支援を行いました。

プレスリリース プレスリリース(北海道大学のウェブサイト)

最新成果ニュース

成果 2022.08.04
成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.03.31
成果 2022.03.28
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問