成果情報

【光学顕微鏡支援担当:稲葉一男 (筑波大学)】[2022.01.18]
中野裕昭 准教授(筑波大学)の論文が Zoological Science に掲載されました


背面突起を持つ奇妙な形のオニムチョウウズムシを発見
〜新種の海の無脊椎動物〜

Asai M., Miyazawa H., Yanase R., Inaba K., Nakano H. A New Species of Acoela Possessing a Middorsal Appendage with a Possible Sensory Function. Zoological Science 39(2022) DOI:10.2108/zs210058

<概要>本研究では、日本沿岸の複数箇所から採集した体長1-5 mm程の無腸類の一種の形態、行動、発生過程を調べ、分子系統解析も行いました。その結果、本種が未記載種であると判断されたので、その特徴的な背面突起を鬼のツノに見立ててAmphiscolops oni(和名:オニムチョウウズムシ)という学名で、新種として報告しました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:稲葉一男)では、光学顕微鏡、電子顕微鏡を使用し、本種の形態学的研究に関する支援を行いました。

プレスリリース プレスリリース(筑波大学ウェブサイト)  
特集 特集ページ(筑波大学のウェブサイト)  

最新成果ニュース

成果 2022.08.04
成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.03.31
成果 2022.03.28
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問