成果情報

【光学顕微鏡支援担当:松田道行(京都大学)】[2019.11.21]
伊藤秀明 助教(愛知医科大学)の論文が Oncogene に掲載されました


がん細胞が歩くメカニズムの一端を解明 ~癌の転移、浸潤制御の為の新たな治療標的として期待~

Ito H., Tsunoda T., Riku M., Inaguma S., Inoko A., Murakami H., Ikeda H., Matsuda M., Kasai K. Indispensable role of STIL in the regulation of cancer cell motility through the lamellipodial accumulation of ARHGEF7–PAK1 complex. Oncogene, (2019) DOI:10.1038/s41388-019-1115-9

<概要>本研究では、SCL/TAL1 Interrupting Locus (STIL)がARHGEF7、PAK1と複合体を形成し、これらRAC1活性因子の癌細胞先進部への集積と細胞骨格再構成、細胞運動能に必須であることを報告しました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:松田道行)では、Raichu-Rac1を用いた蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)解析実験での細胞イメージング支援を行いました。

最新成果ニュース

成果 2022.08.04
成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.03.31
成果 2022.03.28
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問