成果情報

【光学顕微鏡支援:東山哲也(名古屋大学)】[2019.10.11]
多喜正泰 特任准教授(名古屋大学)の論文が CHEMISTRY A European Journal に掲載されました


Griesbeck S., Michail E., Rauch F., Ogasawara H., Wang C., Sato Y., Edkins R.M., Zhang Z., Taki M., Lambert C., Yamaguchi S., Marder T.B. The Effect of Branching on the One- and Two-Photon Absorption, Cell Viability, and Localization of Cationic Triarylborane Chromophores with Dipolar versus Octupolar Charge Distributions for Cellular Imaging. Chemistry 25, 13164-13175 (2019) DOI:10.1002/chem.201902461

<概要>本研究では、ホウ素を含む種々の蛍光色素を開発し、双極子性の分子に比べて八重極性をもつ分子のほうが高い二光子吸収断面積をもつことを見出しました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:東山哲也・佐藤良勝)では、これらの色素を用いた二光子蛍光イメージングの観察について支援を行いました。

最新成果ニュース

成果 2022.08.04
成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.03.31
成果 2022.03.28
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問