成果情報

【画像解析支援担当:馳澤盛一郎(東京大学)】[2018.02.19]
丸山真一朗 助教(東北大学)の論文が Scientific Reports に掲載されました


共生できないサンゴ共生藻突然変異株の単離に成功 共生のスイッチを操作してオン・オフできる基盤技術を開発

Ishii Y., Maruyama S., Fujimura-Kamada K., Kutsuna N., Takahashi S., Kawata M., Minagawa J. Isolation of uracil auxotroph mutants of coral symbiont alga for symbiosis studies. Sci Rep 8, 3237 (2018) DOI:10.1038/s41598-018-21499-3

<概要>本研究では、サンゴ共生藻である褐虫藻から自然発生的に生じた突然変異株を効率よく選抜することで、共生する能力を失った株を単離することに成功しました。また、単離した株を用い、代謝経路のオン・オフが共生を制御するスイッチとして働くことを世界で初めて示し、サンゴ礁保全計画などにも影響を与える重要な共生研究のための基盤的技術を開発することができました。ABiS・画像解析技術支援(支援担当:朽名夏麿)では、蛍光顕微鏡画像に基づくシグナル定量解析の支援を行いました。

プレスリリース プレスリリース(東北大学のサイト)
(English)  プレスリリース プレスリリース(共同通信のサイト)

最新成果ニュース

成果 2022.10.13
成果 2022.10.13
成果 2022.08.04
成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問