シカギク属 Matricaria

Matricaria sp.の花序は開花当初は辺縁花の花弁が立ち上がり上方を向くが、花が咲き進むにつれ、下方を向くとともに、花托がせり上がり、種子散布に適している。円錐型にせり上がるのはどうしてだろう。どうやって成長が調和しているのだろうか。

Marticaria chamomilla (synonym: Matricaria recutita)はカモミールとしてハーブティーに用いられる。

The receptacle of Matricaria sp. Inflorescence grows up in a cone shape while flowering from proximal to distal parts. How is growth of cells in different parts coordinated to form the shape.

Marticaria chamomilla (synonym: Matricaria recutita) is chamomile used as herbal tea.

 

カテゴリー: 5.18.04.02.Asterales.キク目, organized morphogenesis and growth 調和した形態形成と成長, Pressure and morphogenesis, receptacle 花托   パーマリンク

コメントは受け付けていません。