長い花弁を持つPhragmipedium caudatum Phragmipedium caudatum with long petals

フラグミペディウムは新熱帯に分布し、パフィオペディラムは旧熱帯に分布する。Phragmipedium caudatumPaphiopedilum sanderianumの花弁は50 cm程にまで伸長し、花粉媒介のために平行進化したと考えられる。伸長した花弁上には匂いを出す腺があり、ハナアブを呼び寄せ、花弁づたいに雄蕊雌蕊複合体へと誘導している(Dressler and Pupulin 2011)。どのように花弁を長くしたのだろうか。どうしてこれらの種だけ長い花弁を持ち得たのだろうか。

Phragmipedium is distributed in neo-tropics, while Paphiopedilum is in old tropics. Elongated petals evolved in both Phragmipedium caudatum and Paphiopedilum sanderianum in parallel for pollination. The elongated petals bear flagrance glands on the surface and hoverflies climb up to the stamen-gynoecium complex. How do these species change the petal morphology? Why could only these species change?

Dressler R.L. and Pupulin, F. 2011. The long-petaled tropical American lady’s slipper orchids. Lindleyana 26: 626-631.

 

カテゴリー: 5.06.07.Asparagales.キジカクシ目, Floral organ diversity in a flower 1つの花の中での花器官分化, Flower size, Petal morphology   パーマリンク

コメントは受け付けていません。