Leaf window of Haworthia Haworthiaの葉の窓

Haworthia cooperi var. obtusaの葉は先端部以外は地中に埋まって砂漠の暑さを避けている。葉の表面の7から15層くらいの細胞のみに葉緑体が発達し、葉の先端部と内側の細胞は透明。葉の先端部の「窓」から入った光が葉の中と通り辺縁の細胞に到達し光合成を行う。

Light enters from the leaf window at the distal tip to reach to photosynthetic tissue inside the leaves (Krulik 1980).

Krulik, G.A. (1980). Light Transmission in Window-Leaved Plants. Can. J. Bot. 58: 1591-1600.

カテゴリー: 5.06.07.Asparagales.キジカクシ目, tissue differentiation 組織分化   パーマリンク

コメントは受け付けていません。