ハコベ属の集散花序 Cyme in Stellaria

ウシハコベの集散花序では、まず茎頂が花原基に変化する。そして、茎頂に近い葉の腋から側性分岐(一次側性分岐)が生じ、1対の葉を付けた後、その茎頂が花原基に変化する。すると、一対の葉の腋から新たな側性分岐(二次側性分岐)が生じ、同じようなパターンを繰り返し、集散花序を形成する。

A shoot of Stellaria aquatic terminates with a flower and primary paraclades are formed at the axils of uppermost leaves. Then the 1st paraclades form a pair of leaves and terminate with a flower. Secondary paraclades are formed at the axils of the first paraclade leaves. As a result, a cyme is formed.

コハコベもウシハコベと同じように集散花序を形成する。

Stellaria mudia forms a cyme as S. aquatica.

カテゴリー: 5.17.Caryophyllales.ナデシコ目, Inflorescence 花序, Phyllotaxis 葉序, Sympodial branching 仮軸分枝   パーマリンク

コメントは受け付けていません。