イソギンチャクの白化現象 200時間の生放送
200-Hour Live Streaming:Bleaching of Sea Anemones2022/05/31

4月23日~30日にニコニコ超会議2022にて 「イソギンチャクの『白化』現象を200時間科学する春の自由研究@ニコニコ超会議2022」が生放送されました。当研究所のアウトリーチ活動の一環として毎年人気のこの企画は、今回はイソギンチャクをテーマに行われました。阿形清和所長・新規モデル生物開発室の岸本真理子特任研究員・分野横断研究ユニットの高橋弘樹助教・WUDARSKI, Jakub特任助教・バイオイメージング解析室の亀井保博准教授・アストロバイオロジーセンターの滝澤謙二准教授・新規モデル生物開発室の重信秀治教授ら多くの方々にご協力いただきました。
NIBBホームページ内のまとめサイトより放送の様子をご覧いただけます。 https://www.nibb.ac.jp/niconico_aiptasia/

NIBB presented a 200-hour live streaming program in collaboration with Niconico. It's one of the most popular outreach activities in NIBB. The theme was the bleaching phenomenon of sea anemones, and the audience observed several species of sea anemones and zooxanthellae. There were various types of lectures held by the NIBB staff every day.

220531_niconico.jpg
 
>「イベント」新着一覧にもどる

カテゴリ

  1. お知らせ(55)
  2. イベント(64)
  3. プレスリリース(1)
  4. メディア(11)
  5. 取材(1)
  6. 大学院(17)
  7. 研究(27)

年別アーカイブ

  1. 2022年(10)
  2. 2021年(38)
  3. 2020年(59)
  4. 2019年(15)
  5. 2018年(3)
  6. 2017年(2)
  7. 2015年(3)
  8. 2014年(3)
  9. 2013年(7)
  10. 2012年(18)
  11. 2011年(9)
  12. 2010年(3)
  13. 2009年(5)
  14. 2008年(1)

What's New