【電子顕微鏡支援担当:坂本浩隆(岡山大学)】[2021.08.25]
越智拓海 特別助教(神奈川大学)の論文がInternational Journal of Molecular Sciencesに掲載されました


Otubo A., Maejima S., Oti T., Satoh K., Ueda Y., Morris J.F., Sakamoto T., Sakamoto H. Immunoelectron Microscopic Characterization of Vasopressin-Producing Neurons in the Hypothalamo-Pituitary Axis of Non-Human Primates by Use of Formaldehyde-Fixed Tissues Stored at –25 °C for Several Years. International Journal of Molecular Sciences 22, 9180 (2021)

<概要>本研究では、数年にわたり冷凍庫で保存されたホルムアルデヒド固定組織を用いて、ニホンザルの視床下部-下垂体系におけるバソプレシンニューロンの免疫組織化学的解析を行いました。その結果、ニホンザル脳において、光学顕微鏡用に長期間保存した後でも、解釈可能なニューロンの超微形態と関連タンパク質に対する免疫電子顕微鏡解析が可能であることが明らかとなりました。ABiS・電子顕微鏡支援(支援担当:坂本浩隆)では、多重免疫電子顕微鏡を用いた超微形態解析の支援を行いました。

【光学顕微鏡支援担当:根本知己(北海道大学 現:生理学研究所)・中垣俊之・三上秀治(北海道大学)】[2021.08.21]
山田勇磨 准教授・高野勇太 准教授(北海道大学)の論文が Nanoscale Advances に掲載されました


ミトコンドリアを狙い撃ちする癌光治療法の開発に成功~副作用の少ない癌治療を,ミトコンドリアに薬を運ぶ技術開発で!~

Satrialdi, Takano Y., Hirata E., Ushijima N., Harashima H., Yamada Y. An effective in vivo mitochondrial-targeting nanocarrier combined with a π-extended porphyrin-type photosensitizer. Nanoscale Advances, (2021) DOI:10.1039/D1NA00427A

<概要>本研究では、光増感分子(Photosensitizer,PS)を搭載したミトコンドリア標的型ナノカプセルの構築に成功し、ヒト由来の癌を担持するマウスを用いた検証実験を行い、「ミトコンドリアを狙い撃ちする癌光治療戦略」の有用性を示すことを報告しました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:根本知己・中垣俊之・三上秀治)では、共焦点顕微鏡による細胞のイメージングの支援を行いました。

プレスリリース プレスリリース(北海道大学のサイト)

【電子顕微鏡支援担当:坂本浩隆(岡山大学)】[2021.08.13]
佐藤伸 准教授(岡山大学)の論文が Journal of Experimental Zoology, Part B: Molecular and Developmental Evolution に掲載されました


Yamamoto S., Kashimoto R., Furukawa S., Sakamoto H., Satoh A. Comparing nerve-mediated FGF signalling in the early initiation phase of organ regeneration across mutliple amphibian species. Journal of Experimental Zoology, Part B: Molecular and Developmental Evolution, (2021) DOI:10.1002/jez.b.23093

<概要>今回、有尾両生類の四肢再生の開始期を支配する神経因子についての知見をまとめるとともに、関連する新しい知見を総説として報告しました。神経は四肢の再生のみならず様々な器官再生をコントロールする因子を放出することが知られています。論旨を補強する新しいデータを示すため、ABiS・電子顕微鏡支援(支援担当:坂本浩隆)では、GFP免疫電子顕微鏡を用いた超微形態解析を行い、神経因子が細胞外に放出された後のマトリックスでの残留を可視化する支援を行いました。

【MRI支援担当:青木茂樹(順天堂大学)・笠井清登(東京大学)】[2021.08.04]
東山雄一 助教(横市立大学)の論文がJournal of Parkinson’s Diseaseに掲載されました


Hamada T., Higashiyama Y., Saito A., Morihara K., Landin-Romero R., Okamoto M., Kimura K., Miyaji Y., Joki H., Kishida H., Doi H., Ueda N., Takeuchi H., Tanaka F. Qualitative Deficits in Verbal Fluency in Parkinson’s Disease with Mild Cognitive Impairment: A Clinical and Neuroimaging Study. Journal of Parkinson’s Disease, (2021) DOI:10.3233/JPD-202473

<概要>本研究では、認知機能検査の一つである“語流暢性課題”の質的検討を行うことで、パーキンソン病の軽度認知障害を高い感度・特異度で診断できることを示し、さらに安静時fMRI解析を行うことで、本検査結果が脳の大規模ネットワークの一つであるsalience networkの機能的結合性の低下と有意に相関することを示しました。ABiS・MRI支援(支援担当:青木茂樹および笠井清登)では、画像の解析支援を行いました。

【光学顕微鏡支援担当:松田道行(京都大学)】[2021.07.15]
稲垣毅 教授(群馬大学)の論文が Endocrine Journal に掲載されました


Suzuki T., Hayashi M., Komatsu T., Tanioka A., Nagasawa M., Tanimura-Inagaki K., Rahman M.S., Masuda S., Yusa K., Sakai J., Shibata H., Inagaki T. Measurement of the nuclear concentration of alpha-ketoglutarate during adipocyte differentiation by using a fluorescence resonance energy transfer-based biosensor with nuclear localization signals. Endocrine Journal, (2021) DOI:10.1507/endocrj.EJ21-0255

<概要>本研究では、核内αケトグルタル酸濃度測定を可能とするFRETプローブを開発し、このプローブを用いて脂肪細胞分化過程における核内のαケトグルタル酸濃度変化を初めて解明することに成功しました。その成果は、αケトグルタル酸を補酵素とするジオキシゲナーゼ酵素群に関する研究、さらに核内で作用すると考えられるヒストンやDNAの脱メチル化を触媒する酵素に注目したエピゲノム研究の進展に寄与することが期待されます。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:松田道行)では、FRETイメージング用のプローブ開発支援を行いました。

【光学顕微鏡支援:東山哲也(名古屋大学)】[2021.04.22]
丸山大輔 助教(横浜市立大学)の論文が Nature Communicationsに掲載されました


花粉管は核がなくても胚珠に辿り着く
~世界で初めて核を持たない花粉管の作出に成功~

Motomura K., Takeuchi H., Notaguchi M., Tsuchi H., Takeda A., Kinoshita T., Higashiyama T., Maruyama D. Persistent directional growth capability in Arabidopsis thaliana pollen tubes after nuclear elimination from the apex. Nat Commun 12, 2331 (2021) DOI:10.1038/s41467-021-22661-8

<概要>本研究では、細胞質に核が存在しない状態の花粉管の作出に成功しました。この細胞核を除いた花粉管が、核を持つ正常な花粉管と遜色なく、胚珠へ辿り着く能力を保持していることを明らかにしました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:東山哲也、佐藤良勝)では、共焦点レーザー顕微鏡を使用し、花粉管イメージング支援を行いました。

プレスリリース プレスリリース(横浜市立大学のサイト) 
プレスリリース プレスリリース(立命館大学のサイト) 
プレスリリース プレスリリース(名古屋大学のサイト) 

【画像解析支援:檜垣匠(熊本大学】[2021.06.17]
酒井達也 教授(新潟大学)の論文が Plant Physiology に掲載されました


Kimura T., Haga K., Nomura Y., Higaki T., Nakagami H., Sakai T. Phosphorylation of NONPHOTOTROPIC HYPOCOTYL3 Affects Photosensory Adaptation During the Phototropic Response. Plant Physiology, (2021) DOI:10.1093/plphys/kiab281

<概要>本研究では、光屈性に働くNPH3 アダプタータンパク質のリン酸化調節における機能及び細胞内局在を調べることにより、 光屈性応答におけるシグナル伝達レベルの光順応システムを発見しました。ABiS・画像解析支援(支援担当:檜垣匠)では、蛍光観察画像のイメージング解析を行い、NPH3リン酸化による細胞膜局在調節を証明する数値化の支援を行いました。

【光学顕微鏡支援:東山哲也(名古屋大学)】[2021.05.11]
宇野何岸 特別研究員 (名古屋大学 現:マックス・プランク研究所 研究員)の論文が Nature Communications に掲載され、同誌Editors’ Highlights Biotechnology and methodsコーナーのFeatured articlesに選ばれました。また、日本植物形態学会第33回大会にて日本植物形態学会「平瀬賞」を受賞しました


多くの生物の核を明るく輝かせる
~蛍光色素Kakshine(カクシャイン)を開発~

Uno K., Sugimoto N., Sato Y. N-aryl pyrido cyanine derivatives are nuclear and organelle DNA markers for two-photon and super-resolution imaging. Nat Commun 12, 2650 (2021) DOI:10.1038/s41467-021-23019-w

<概要> 本研究では、ピリドシアニン骨格を基本とした新規核染色色素の合成に成功しました。二光子イメージングによる深部イメージング、蛍光寿命イメージングによる核DNAとミトコンドリアDNAの分離、超解像STEDイメージングによるクロマチンや核様体の精細な構造の可視化など、先端イメージングにも適用可能なことを示しました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:東山哲也、佐藤良勝)では、二光子顕微鏡、蛍光寿命顕微鏡、STED顕微鏡を使用し、本色素の先端イメージングへの適用性を解析する支援を行いました。

※本成果は同誌Editors’ Highlights Biotechnology and methodsコーナーのFeatured articlesに選ばれました。

プレスリリース プレスリリース(名古屋大学のウェブサイト)  

【光学顕微鏡支援:藤森俊彦(基礎生物学研究所)】[2021.05.25]
平田たつみ 教授(国立遺伝学研究所)の論文が Cell Reports Methods に掲載されました


“誕生日タグづけ”マウスの脳画像データベース「NeuroGT」を公開
-神経細胞の誕生日を利用した神経細胞サブセットの分類と操作が可能に-

Hirata T., Tohsato Y., Itoga H., Shioi G., Kiyonari H., Oka S., Fujimori T., Onami S. NeuroGT: A brain atlas of neurogenic tagging CreER drivers for birthdate-based classification and manipulation of mouse neurons. Cell Reports Methods, 100012 (2021) DOI:https://doi.org/10.1016/j.crmeth.2021.100012

<概要>誕生日タグづけ法は、神経細胞の発生タイミング(神経細胞の「誕生日」)の違いを利用して細胞特異的に遺伝子組換えを誘導する技術です。本研究では、誕生日タグづけ法を用いる上で必要となる、マウス系統のカタログ的な全脳切片画像のデータベース 「NeuroGT (Brain Atlas of Neurogenic Tagging Mouse Lines)」 を開発して公開しました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:藤森俊彦)では、高解像度スライドスキャナを使用して、脳切片画像のデジタル化を支援しました。

プレスリリース プレスリリース(国立遺伝学研究所のウェブサイト) 
プレスリリース プレスリリース(基礎生物学研究所のサイト)
プレスリリース プレスリリース(理化学研究所のサイト) 
プレスリリース プレスリリース(立命館大学のサイト) 

【光学顕微鏡支援担当:今村建志(愛媛大学】[2021.03.19]
村上正基 特任教授(愛媛大学)の論文が Journal of Dermatological Science に掲載されました


Murakami M., Kawakami R., Niko Y., Tsuda T., Yatsuzuka K., Mori H., Imamura T., Sayama K. New fluorescent three-dimensional and deep-imaging technique confirms a direct relationship between the acrosyringium and vesicles/pustules of palmoplantar pustulosis. Journal of Dermatological Science, (2021) DOI:10.1016/j.jdermsci.2021.03.004

<概要>本研究では、以前に開発した新規蛍光色素及び二光子顕微鏡観察技術による3D & deep imagingの手法を応用し、皮膚疾患の一つである掌蹠膿疱症の足底病変部小水疱を3次元的に観察し、小水疱と表皮内エクリン汗管との関連性についての観察に成功しました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:今村健志・川上良介)では、多光子励起顕微鏡を使用し、目的とする組織内構造物の観察に関する支援を行いました。

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問