Melianthaceae メリアンテゥス科・Geraniales フウロソウ目

メリアンテゥス科はフウロソウ目に属する。The Melianthaceae belongs to the Geraniales.

Palazzesi, L., Gottschling, M., Barreda, V., and Weigend, M. 2012. First Miocene fossils of Vivianiaceae shed new light on phylogeny, divergence times, and historical biogeography of Geraniales. Biol. J. Linnean Soc. 107: 67-85.

共有派生形質は Synapomorphies are

1. Flowers are resupinate 花は背着性
2. Spirally arranged compound leaves 複葉

Resupinateとは花が開花時に180度回転することで、ラン科などで見られる。Melianthus comosusの花は背着性で花序の先端側から基部側へ花を見ていくと花がねじれてくるのがわかる。背着性を引き起こす分子機構は未解明である。器官を回転させる現象は、葉でも見られるので、一般性のある分子機構があるのかもしれない。When we compare the distal and proximal flowers, we can recognize the resupinate conditions, in which flowers rotate at 180 degree. Resupination is also observed in other taxa including the Orchidaceae. Molecular mechanisms of resupination is unknown. Resupination is observed also in leaves and the mechanism maybe quite general in plant development.

花の上下を転換することで花の媒介昆虫に対する印象と媒介昆虫の背側と腹側のどちらに花粉を付けるかという機能が変わるだろう。同属や同科内で花の配向を変化させることで媒介昆虫を変えて種分化したような種は無いのだろうか。調べてみよう。What is the relationships between resupination and pollinators?

Melianthus comosusは花が上下逆転し、ガク片は5枚(向軸側ガク片1枚、側ガク片2枚、背軸側ガク片2枚)、癒合した花弁が4枚、雄蕊が4本、雌蕊が1本ある。花弁と雄蕊の間に蜜腺があり、黒色の密が花弁とガク片に囲まれた空間に溜まる。The respinated flower of Melianthus comosus with five sepals composed of one adaxial, two lateral, and two abaxial ones, four fused petals, four stamens, and a gynoecium. A conspicuous nectary is formed between the petal and the stamens and produce black-colored nectar.

托葉は発生初期においては葉身原基よりも大きく、自身の葉身原基、あるいは後続の葉原基を保護する機能があると考えられている。葉原基が形成されたあと、托葉、葉柄、葉身がどのような遺伝子ネットワークによって形成されているのかはよくわかっていない。Melianthaceaeは托葉形態に変化がある。Mellianthus comosusは2枚の托葉が葉柄基部に付いている。托葉形態の違いは若い托葉がいつどこで融合するかによって生じていると考えられる。融合は托葉だけではく、植物のいろいろな器官で見られるので、器官融合の仕組みがわかれば植物のいろいろな発生過程が理解できるようになるかもしれない。Stipules of the Melianthaceae varies in thier morphology. Melianthus comosus forms regular two stipules, while those of Melianthus major are marged on the adaxial side of leaves. Genetic networks to regulate the spatial patterns of leaf blade, petiole, and stipules are unknown.

 

カテゴリー: 5.0.Angiosperms.被子植物, 5.14.04.01.Geraniales.フウロソウ目   パーマリンク

コメントは受け付けていません。