Protrusions of Mallotus ovary アカメガシワ属の子房の突起

トウダイグサ科のアカメガシワ属は子房の外側に突起を形成し、突起の形状は種によって異なる。Mollotus paniculatusの突起はアカメガシワよりも長く、子房の直径を超える。

Protrusions are formed on the ovary surface in Mallotus of the Euphorbiaceae. The morphology of the protrusions vary among the genus. Mollotus paniculatus forms longer protrusions than the diameter of the ovary.

Mollotus barbatusは2〜3 mmの短く細い突起を多数形成する。これらの突起の形成機構、機能は不明である。

Mollotus barbatus form more, shorter, and slender protrusions than other species. Mechanisms to form the variable protrusions as well as their functions have not been studies.

 

 

カテゴリー: 5.14.03.04.Malpighiales.キントラノオ目, appendicula 付属体   パーマリンク

コメントは受け付けていません。