Huerteales ウエルテア目

近縁目であるムクロジ目、アオイ目、アブラナ目の多くは花弁の2倍以上の雄蕊を持つ。ウエルテア目の花は他の目と較べるとせいぜい5 mm程度と小さいので、花サイズの縮小が雄しべの2輪から1輪への輪数の減少と関係するかもしれない。花の大きさや花器官の輪数の制御機構は未解明。

Sapindales, Malvales, and Brassicales usually have two times or more stamens than petals. The small size of flowers of the Huerteales may be related to the reduced number of stamens. Mechanisms to regulate flower size and the whole number are unknown.

Huerteales ウエルテア目 は4科を含み、東アジア、東南アジアと中南米とアフリカに隔離分布する。

Huerteales contains four families. The Tapisticaceae is disjunctly distributed in Eastern Asia and Central America and South America.

 

カテゴリー: 5.14.04.06.Huerteales.ウエルテア目, Flower size, Reduction of floral organs and bracts, The number of wholes   パーマリンク

コメントは受け付けていません。