コリノカルプス科 Corynocarpaceae

Corynocarpus laevigatus, Corynocarpaceae

Corynocarpus laevigatus, Corynocarpaceae

コリノカルプス科はニューギニアから東オーストラリア、ニュージーランドにかけて分布する。

The Corynocarpaceae is distributed from New Guinea to Australia and New Zealand.

Corynocarpus laevigatus, Corynocarpaceae

Corynocarpus laevigatus, Corynocarpaceae

Corynocarpus laevigatus, Corynocarpaceae

Corynocarpus laevigatus, Corynocarpaceae

一部の雄蕊が花弁状に変化している。雄蕊で花弁形成遺伝子が異所的に発現すること、すなわちヘテロトピーによってこのような形態になっていると推定される。ヘテロトピーは形態多様性創出にしばしば関わっており、特に雄しべの花弁状仮雄蕊化は良く見られる。しかし、どうして異なった場所で適切に異なった発生過程の遺伝子が働きうるのかは不明。花器官形成遺伝子の発現場所を規定する因子の研究から道が開けるだろう。

Five stamens are petaloid, while five regular stamens are formed. The petaloid stamen, petaloid is likely formed by the ectopic expression of petal development genes, that is, heterotopy. Heterotopy is sometimes observed as a petaloid stamen also in other lineages. However, the molecular mechanisms how heterotopy occurs in flowering plants have not been reported.

Corynocarpus laevigatus, Corynocarpaceae

Corynocarpus laevigatus, Corynocarpaceae

カテゴリー: 5.14.03.07.Cucurbitales.ウリ目, Floral organ diversity in a flower 1つの花の中での花器官分化, 異所性異時性 heterotopy and heterochrony   パーマリンク

コメントは受け付けていません。