タルホーン Tal horn

タルホーン Tal horn Borassus オオギヤシ属

オオギヤシ属 Borassus の仲間の雄花序を縦切りにして乾燥したものがタルホーンと呼ばれて装飾用に用いられる。

“Tal horn” is a dried male inflorescence of Borassus sp.

タルホーン Tal horn Borassus オオギヤシ

タルホーンの花序(A)の一部(白枠内)を拡大すると(B)、苞に雄のサソリ型花序が抱かれている。サソリ型花序には雄花(Cの白点線)が配列し、順次苞の隙間から開花する。雄花は6本の雄蕊を持つ(2つの葯を水色で示す)(Dransfield et al. 2008)。

When a part (white square in [A]) of the Tal horn is magnified, a series of a male cincinnus (yellow line) subtended by a bract is observed (B). Further magnification shows aligned male flowers with six stamens (Dransfield et al. 2008).

Dransfield, J., Uhl, N.W., Asmussen, C.B., Baker, W.J., Harley, M.M., and Lewis, C.E. (2008). Genera Palmarum (London: Kew Publishing, Royal Botanic Gardens, Kew).

タルホーン Tal horn Borassus オオギヤシ

タルホーンはパナマソウの花序に似ているが良く見ると異なっている。

Tal horn is superficially similar to an inflorescence of the Cyclanthaceae, but the detailed morphology is different.

カテゴリー: 5.06.09.Arecales.ヤシ目, Inflorescence 花序   パーマリンク

コメントは受け付けていません。