トップ (TOP)

ミヤコグサ Lotus japonicus は日本全土に広く自生しているマメ科の草本です。
ゲノムサイズが小さく、形質転換が可能であり、実験室での遺伝解析が容易などの利点により、近年 マメ科のモデル植物として広く利用されています。
私たちはミヤコグサや非モデル生物の基盤技術の開発とともに、生物間相互作用による共生器官の生成やパターン形成の解明を目指し、研究に取り組んでいます。

Lotus japonicus is a wild legume belonging to family Fabaceae that grows in temperate zone of Asia including Japan. Small genome size, short life cycle and easy for transformation have made Lotusjaponicus a popular model plant for genome studies, particularly in reference to rhizobial and arbuscular mycorrhizal symbiosis.
Using this model plant, we’re working on unveiling the molecular mechanism of symbiotic systems between rhizobium / arbucular mycorrhizal fungi and legumes.

ニュース(News)

2017/07/03 小杉さんがメンバーとなりました。
Welcome Kosugi-san!
2017/04/01 大熊さんがメンバーとなりました。
Welcome the new student Okuma-san!
2017/04/01 武田さんが関西学院大の准教授として栄転されました。
Takeda-san was promoted as an associate professor at Kwansei Gakuin Univ.
2017/04/01 藤田さんが共生システム研究部門の助教になりました。
Fujita-san became an assistant professor of our lab.