トップ (TOP)

ミヤコグサ Lotus japonicus はアジアの温帯地域に広く自生しているマメ科の草本です。
ゲノム編集が可能であり、実験室での遺伝解析が容易などの利点により、近年マメ科のモデル植物として広く利用されています。
私たちは、ミヤコグサや新規モデル生物であるアーバスキュラー菌根菌の基盤技術開発を通じて、共生のしくみや発生進化の解明に取り組んでいます。

Lotus japonicus is a wild legume belonging to family Fabaceae that grows in temperate zone of Asia including Japan. Small genome size, short life cycle and easy for transformation have made Lotusjaponicus a popular model plant for genome studies, particularly in reference to rhizobial and arbuscular mycorrhizal symbiosis.
Using this model plant, we’re working on unveiling the molecular mechanism of symbiotic systems between rhizobium / arbucular mycorrhizal fungi and legumes.

ニュース(News)

2018/05/02 研究概要をアップデートしました。
The research outline has been updated.
2018/04/04 藤田さんの葉序の規則的パターンの数理モデル解析の論文がPLoS Comput Biolに掲載されました。プレスリリース
2018/04/01 後藤崇支さんがメンバーとなりました。
Weccome Goto-san!
2018/02/05 西田さんが筆頭著者の窒素栄養による根粒共生制御の論文がNat Communに掲載されました。プレスリリース
2017/12/18 村上英一さんがメンバーとなりました。
Welcome Murakami-san!
2017/10/23 前田太郎研究員が「生命情報科学若手の会 第9回研究会」においてGenomedia賞(発表賞)を受賞しました。
https://www.biorxiv.org/content/early/2017/10/19/205864