原著論文

 

 

英文総説など

  1. S. Chopra, A. Hoshino, J. Boddu and S. Iida: Flavonoid pigments as tools in molecular genetics. E. Grotewold ed., The Science of Flavonoids, 143-173, Springer (2006)
  2. S. Iida, Y. Morita, J.D. Choi, K.I. Park and A. Hoshino: Genetic and epigenetics in flower pigmentation associated with transposable elements in morning glories. Adv. Biophysics 38, 141-159 (2004) doi>
  3. A. Hoshino, Y. Jhozuka-Hisatmomi and S. Iida: Gene duplication and mobile elements in the morning glories. Gene 256, 1-10 (2001) doi>
  4. S. Iida, A. Hoshino, and J.D. Choi: Floricultural traits and transposable elements in the morning glories. Korean J. Hort. Sci. Tech. 18, 845-848 (2000)
  5. S. Iida, A. Hoshino, Y. Johzuka-Y.Hisatomi, Y. Habu and Y. Inagaki, Floricultural traits and transposable elements in the Japanese and common morning glories. Annal. New York Acad. Sci. 870, 265-274 (1999) doi>
  6. S. Iida and A. Hoshino: Spontaneous mutagenesis and transposable elements in the Japanese morning glory. Gamma Field Symposia 38, 1-10 (1999)
  7. S. Iida, Y. Inagaki, Y. Hisatomi and A. Hoshino: Mutable alleles in Japanese and common morning glory. K. Ono and F. Takaiwa eds. Modification of Gene Expression and Non-Mendelian Inheritance, NIAR/STA, 23-40 (1995)

 

 

和文総説など

  1. 星野敦:アサガオの模様を生み出すエピジェネティクス。エピジェネティクスの生態学 環境に応答して遺伝子を調節する仕組み、文一総合出版(種生物学会編・荒木希和子責任編集)、63-80 (2017)
  2. 山内卓樹、星野敦:遺伝子のノックアウトとノックダウン。植物学の百科事典、 丸善出版(日本植物学会編)、608-609 (2016)
  3. 星野敦:アサガオの花は一期一会(1枚の写真館)。細胞工学33、1227 (2014)
  4. 星野敦、飯田滋:植物の花の色。エピジェネティクス-その分子機構から高次生命機能まで- DOJIN BIOSCIENCE SERIES 12(田嶋正二編)、化学同人、217-232 (2013)
  5. 星野敦、森田裕将:トランスポゾン。植物色素フラボノイド(武田幸作、齋藤規夫、岩科司編)、文一総合出版、434-447(2013)
  6. 星野敦、玉田洋介:植物のエピジェネティクスと形質発現。植物の分子育種学(鈴木正彦編)、講談社、191-201(2011)
  7. 定塚(久富)恵世、星野敦、森田裕将、山内卓樹、朴慶一、寺田理恵、森藤暁、飯田滋:アサガオとイネのDNAメチル化と遺伝子発現。植物のエピジェネティクス、細胞工学別冊、植物細胞工学シリーズ24、36-43(2008)
  8. 星野敦、木下哲:反復配列・DNAメチル化により制御される植物の生命現象。化学と生物45、119-125(2007)
  9. 星野敦、飯田滋:植物におけるトランスポゾンの制御。エピジェネティクス(佐々木裕之編)、165-171、シュプリンガー・フェアラーク(2004)
  10. 星野敦、飯田滋:植物分野におけるエピジェネティクスの現状。ブレインテクノニュース104、9-14、生研センター(2004)
  11. 石川直子、星野敦、仁田坂英二、飯田滋:アサガオ:園芸植物からモデル植物へ。遺伝別冊15、32-41(2002)
  12. 星野敦、森田裕将、飯田滋:転写調節遺伝子と液胞内pHによる花色の制御。蛋白質・核酸・酵素47、1745-1752(2002)
  13. 星野敦、森田裕将、飯田滋:花を彩る遺伝子(特集:植物色素の生化学と遺伝学)。蛋白質・核酸・酵素47、210-216(2002)
  14. 星野敦、飯田滋:アサガオ花弁の液胞pH上昇と青色化。植物オルガネラの分化と多様性、細胞工学別冊、植物細胞工学シリーズ17、85-87(2002)
  15. 仁田坂英二、星野敦、田中幸子、飯田滋:アサガオの連鎖地図とトランスポゾン・ディスプレイ。植物のゲノム研究プロトコール、細胞工学別冊、植物細胞工学シリーズ12、179-185(2001)
  16. 飯田滋、星野敦、久富恵世:アサガオ属の易変性変異と可動遺伝因子。植物のゲノムサイエンス、細胞工学別冊、植物細胞工学シリーズ5、132-141(1996)
  17. 飯田滋、星野敦:花の色の化学と分子生物学。植物の形を決める分子機構、細胞工学別冊、植物細胞工学シリーズ1、83-95(1995)
  18. 飯田滋、稲垣善茂、久富恵世、星野敦:アサガオの花色とトランスポゾン。化学と生物31、492-494(1993)

 

 

表紙ギャラリー