Japanese | English

はじめに

基礎生物学研究所は、文部科学省のナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)アサガオの分担機関です。当グループでは、中核機関の九州大学と連携して、おもに花色変異系統、各種DNAクローンの収集・保存・提供を行っています。リソースの寄託、分譲の申し込みは、星野までご連絡下さい。なお、リソースの提供は、研究機関に所属する方のみを対象としております。一般の方への提供は中核機関が行っています。

申し込み:hoshino☆nibb.ac.jp(☆を、@に置き換えて下さい)


中核機関:九州大学理学研究院(アサガオホームページ)
NBRP情報公開サイト:アサガオのページ
NBRP成果論文データベース:Research Resource Circulation

mg-banner

 

変異系統(アサガオ種子)

アサガオの花色変異系統を中心に、約150系統を保存しています。野生型系統や、マルバアサガオ、ソライロアサガオなど、ほかのIpomoea属の系統も提供可能です。多くの系統は、研究者が実際に研究に使用したもので、変異遺伝子の同定も行われています。

系統リスト

変異モニタリングシステム

 

ESTクローン

東京古型標準型の花とつぼみに由来する3種のcDNAライブラリー、実生に由来するcDNAライブラリーを用いてEST配列を得ており、およそ60,000のESTクローンを保存しています。花とつぼみの完全長cDNAライブラリーから得られた25,899のEST配列はBJ553078からBJ578976のアクセッション番号で、実生由来の36,336のEST 配列はCJ736987からCJ773322までのアクセッション番号で、DDBJなどの公的データベースに登録してあります。 また、未登録のEST配列、RNA-seqをde novoアセンブルした配列を含む独自のデータベースを用意しておりますので、利用を希望される方は、ご連絡下さい。

各種DNA配列のデータベース:http://ipomoeanil.nibb.ac.jp/

 

BACクローン

東京古型標準型から作成した、89,088のBACクローンを保存しています。これは、800 Mbから1,000 Mbとされるアサガオゲノムを、9から11倍カバーするものです。PCRで目的のBAC DNAをスクリーニングするために、3D DNAプールも用意し、提供しています。最低58反応のPCRで、目的のクローンが得られます。また、23,424のBACクローンの両端配列を解読し、上述の各種DNA配列データベースで検索可能です。

 

発現ベクター

名古屋大学の白武先生から寄託された、花弁特異的発現ベクターを提供しています。詳細はこちらから。

 

分譲手続き

分譲の申し込みは、まず星野までご連絡下さい。ご相談頂ければ、研究目的にあったリソースを提案します。分譲に際しては、生物遺伝資源提供同意書(MTA)を締結して頂きます。また、分譲にかかる手数料を、ご負担頂きます(実費徴収)。

MTA(日本語、ワードファイル)

MTA(English, Word file)

flow

リソース分譲の流れ

*BRP:バイオリソースペイメント(NPO法人科学教育研究所によるカード決済システム)

 

実費徴収について

2010年4月より、分譲にかかる消耗品(袋、チューブなど)、人件費(梱包、発送、MTA締結など)や送料の実費を手数料として徴収しております。リソース自体は無料です。料金表にある手数料をBRP(バイオリソースペイメント)を介したクレジットカード決済(BRPへのカード手数料はユーザー負担、先払い)で納付してください。ご希望に応じて、銀行振込(振込手数料はユーザー負担)による後払いにも対応しています。

2014年4月より、消費税率の引き上げに伴い実費が改定されています。

区  分
手数料等(円)
カード手数料(円)
合計(円)
種子 提供申請一件当たり
750
1,050
1,800
1系統当たり
150
28
178
DNAクローン 提供申請一件当たり
1,900
1,050
2,950
1クローン当たり
500
95
595
提供経費(10クローン当たり)
1,300
247
1,547
スクリーニングキット 提供申請一件当たり
1,100
1,050
2,150
1キット当たり
7,300
1,387
8,687
輸送資材費 封筒(小) 1枚当たり
100
5
105
封筒(中) 1枚当たり
100
5
105
封筒(大) 1枚当たり
150
8
158
封筒(特大)1枚当たり
250
13
263
輸送経費
実費額
実費額の5.5%
*実費額の105.5%

*端数切捨て

例:種子10系統をリクエストする場合、提供申請一件当たりの手数料1,800円、1系統当たりの手数料1,780円、輸送資材費(封筒(中))105円の合計3,685円に、輸送経費の実費額x105.5%が加算されます。

提供料金細則(PDFファイル)

提供実施規定(PDFファイル)

実費徴収に関する請求書類について(PDFファイル)

 

リソースの寄託

アサガオと近縁種の変異系統、各種DNAクローン、形質転換系統を収集しています。変異系統については、とくに花色変異体を収集しています。市販のアサガオからも、新しい突然変異が現れることがあります。また、過去に研究者が研究に使用し、その後、保存されていない系統(古い園芸系統、販売中止となった市販系統など)を探しています。このような系統をお持ちの方は、ぜひ、ご連絡下さい。

探している系統リスト

 

連絡先(MTA郵送先)

〒444-8585 愛知県岡崎市明大寺町字西郷中38 基礎生物学研究所 星野敦

hoshino☆nibb.ac.jp(☆を、@に置き換えて下さい)

0564-55-7534