吉田研へようこそ!

Testis

吉田研(生殖細胞研究部門)では、マウス精子形成を主な対象として、次世代につながる生殖細胞の謎に挑戦しています。

新着
2019年3月8日 北舘助教が平成30年度基生研・若手研究者支援研究費助成対象者として表彰されました
2019年2月2日 池田さんがExCELLS若手リトリートBest Poster Prizeを受賞しました
2018年12月21日 Cell Stem Cell誌に論文が掲載されました
        詳細はプレスリリースをご覧下さい
2018年12月19日 テルモ生命科学芸術財団 生命科学DOKI DOKI研究室 吉田が取材を受けました
         記事はこちら
2018年12月18日 北舘助教が平成30年度基生研・若手研究者支援研究費助成を受けました
2018年6月1日 藤田みや子さんが加入しました

過去のニュースはこちら

世代をつなぐ精子形成幹細胞の謎

 有性生殖を営む多細胞動物では、長期間にわたって多数の精子を生み出すことにより、子孫を確実に残す。その一方で、一つ一つの精子は、遺伝情報を極めて正確に複製し、次世代に伝える。この、一見相反する、しかし生命にとって本質的に重要な高い「生産性」と「正確性」は、どのように実現されているのか?生殖細胞研究部門では、マウス精子形成幹細胞の実体と挙動を解明することを通して、この謎に挑戦する。
 当面の目標は、マウスの精子形成を支える「幹細胞」を同定し、その自己複製と分化を制御する微小環境(ニッチ)の実体と機能を明らかにすることである。

GFPで可視化した「未分化型精原細胞」の精巣内タイムラプス。血管(黒い線)の付近にいた未分化型精原細胞は、分化とともに遊走し、精細管全体に広がる。詳しくは研究内容(こちら)
Science 317, 1772 (2007)

新学術領域研究「配偶子幹細胞制御機構」

吉田は、文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「配偶子幹細胞制御機構」の領域代表を務めました。
(平成21〜24年度) GSC_banner.jpg