支援に使用している機器一覧

生理学研究所

光学顕微鏡

機器・装置名 メーカー・型式等  /  特徴 キーワード 設置機関名
二光子蛍光寿命イメージング顕微鏡

自作顕微鏡

波長可変レーザーでのイメージングと光刺激を同時に行うことが可能。また、様々な波長の蛍光分子やタンパク質に対応しており、生きた組織や細胞内の分子間相互作用や分子活性化を可視化することができる顕微鏡システム。

二光子顕微鏡 深部観察 蛍光寿命イメージング 生理学研究所
二光子STED顕微鏡

自作顕微鏡 二光子STED

生体、生細胞観察用の二光子STED顕微鏡で、低侵襲で超解像イメージングおよび蛍光寿命イメージングも可能であり、生体動物、生細胞における超微細形態及び分子動態の可視化が可能である。

二光子顕微鏡 超解像顕微鏡 動物観察 スペクトルイメージング 蛍光寿命イメージング 生理学研究所
二光子CSU顕微鏡

自作顕微鏡CSU-MP

生体、生細胞観察用二光子顕微鏡。スピニングディスクによる多点走査で、低侵襲・高速・高解像度での3次元撮像が可能。波長可変レーザーも装備し、様々な波長でのイメージングも可能。生体動物、生植物細胞、生細胞における微細構造及びその機能の可視化が可能。

二光子顕微鏡 共焦点顕微鏡 タイムラプス撮影 深部観察 植物観察 動物観察 スペクトルイメージング 高速観察 3次元再構築 生理学研究所
超解像画像処理システム

自作画像処理システム

生体、生細胞の蛍光観察像を統計的画像処理に基づき超解像化できる。多様な蛍光像に対応で、汎用性が高く、生体動物、生細胞における超解像イメージングが可能。

超解像顕微鏡 共焦点顕微鏡 タイムラプス撮影 生理学研究所
生体観察用二光子顕微鏡

自作顕微鏡FV1000+BX

生体観察用二光子顕微鏡で、波長可変レーザーも装備し、様々な波長でのイメージングも可能。また自作の補償光学装置を有しており、生体深部の高解像深部イメージングが可能であり、生体動物における微細構造及びその機能の可視化ができる。

二光子顕微鏡 共焦点顕微鏡 タイムラプス撮影 深部観察 動物観察 スペクトルイメージング 高速観察 3次元再構築 生理学研究所
生体観察用二光子顕微鏡

ニコン・AIPMP

高感度GaSP検出器、レゾナントスキャナを装備し、高解像度・高速での撮像が可能。波長可変レーザーによる様々なの波長でのイメージング、光刺激による細胞活動操作も可能であり、生体動物における微細構造及びその機能の可視化ができる。

二光子顕微鏡 共焦点顕微鏡 タイムラプス撮影 光操作 深部観察 動物観察 スペクトルイメージング 高速観察 3次元再構築 生理学研究所
生体観察用二光子顕微鏡

ニコン・A1-MP+

生体観察用二光子顕微鏡で高感度GaSP検出器を装備し、高解像度・高速での撮像が可能。波長可変レーザーも装備し、様々な波長でのイメージングが可能。また自作光刺激装置を自作で設置しており、光刺激にも対応しているため、光刺激による細胞活動操作も可能であり、生体動物における微細構造及びその機能の可視化ができる。

二光子顕微鏡 共焦点顕微鏡 タイムラプス撮影 深部観察 動物観察 スペクトルイメージング 高速観察 3次元再構築 生理学研究所
生体観察用二光子顕微鏡

ツァイス・LSM880

生体観察用二光子顕微鏡で高感度GaSP検出器を装備し、高解像度・高速での撮像が可能。波長可変レーザーも装備し、様々な波長でのイメージングが可能。また自作光刺激装置を自作で設置しており、光刺激にも対応しているため、光刺激による細胞活動操作も可能であり、生体動物における微細構造及びその機能の可視化ができる。

二光子顕微鏡 共焦点顕微鏡 タイムラプス撮影 深部観察 動物観察 スペクトルイメージング 高速観察 3次元再構築 生理学研究所
生体観察用二光子顕微鏡

ツァイス・LSM7MP

高感度GaSP検出器を装備し、高解像度・高速での撮像が可能。波長可変レーザーも装備し、いずれの波長でのイメージングも可能。また光刺激装置を自作で設置しており、光刺激にも対応しているため、光刺激による細胞活動操作も可能であり、生体動物における微細構造及びその機能の可視化が可能。

二光子顕微鏡 タイムラプス撮影 深部観察 動物観察 スペクトルイメージング 高速観察 3次元再構築 生理学研究所
生体観察用マルチイオンイメージングセンサー

自作マルチイオンイメージングセンサー

生体動物の、脳内における水素イオン(pH)やその他のイオンの濃度変化等を数十ミリ秒単位の時間分解能で計測可能。さらに、CMOSを基盤とすることで高い空間分解能も有する。

特殊用途顕微鏡 高速観察 生理学研究所
ホログラフィー顕微鏡

ニコン・AIPMP

高感度GaSP検出器、レゾナントスキャナを装備し、高解像度・高速での撮像が可能。波長可変レーザーによる様々な波長でのイメージング、光刺激による細胞活動操作も可能。さらに外付けホログラフィック刺激系光路が導入されており、計測・操作を同時に高精度選択的に行うことができる。生体動物における微機能の可視化及び操作が可能。

共焦点顕微鏡 タイムラプス撮影 動物観察 スペクトルイメージング 高速観察 生理学研究所

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問