【光学顕微鏡支援担当:東山哲也(名古屋大学)】[2016.11.28]
打田直行 特任准教授(名古屋大学)の論文が New Phytologist に掲載されました


植物の肥大成長を調節する受容体の機能を明らかに

Ikematsu S., Tasaka M., Torii K.U., Uchida N. ERECTA-family receptor kinase genes redundantly prevent premature progression of secondary growth in the Arabidopsis hypocotyl. New Phytol 213, 1697-709 (2017)DOI:10.1111/nph.14335

<概要>本研究では、植物の胚軸組織の肥大成長の調節に関わる受容体の機能を解析しました。その結果、植物ホルモンのジベレリンに対する感受性を胚軸がその成長に合わせて獲得していく過程で、今回着目した受容体がその感受性を適切なレベルに調節していることを発見しました。ABiS・光学顕微鏡支援(支援担当:東山哲也・佐藤良勝)では共焦点顕微鏡によるスペクトルイメージング解析を支援しました。

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問