核内RNAボディによるクロマチン制御機構の解明

研究代表者 斉藤 典子(公益財団法人がん研究会 がん研究所 がん生物部)
研究分担者 落合 博(広島大学大学院 理学研究科 数理分子生命理学専攻)
連携研究者 立和名 博昭(公益財団法人がん研究会 がん研究所 がん生物部)
核内RNAボディによるクロマチン制御機構の解明

近年、細胞核内にはタンパク質に翻訳されない非コードRNAが多数存在することがわかってきました。これらとタンパク質複合体が凝集して形成される核内構造体(RNAボディ)は、生体膜に囲まれておらず、核内の局所に転写関連因子を蓄積させることが可能です。よってRNAボディは、近傍クロマチンの転写活性やその変動を規定し、細胞の状態を反映し得ると考えられます。本研究では、ほぼ全ての細胞に存在する核小体と、乳がん細胞で検出されるエレノアクラウドに着目して、分子細胞生物学解析、生化学解析や再構成実験を行います。さらに、生細胞で転写の場とRNAを同時に可視化するなどの最新のイメージング技術を駆使してダイナミクス解析を行います。これらにより、核内RNAボディの形成機序や転写制御における機能、物性を解明し、転写のおこりやすさに対するクロマチンポテンシャルの理解に貢献します。

研究室ホームページ+
Top