支援に使用している機器一覧

電子顕微鏡支援

画像解析

機器・装置名 メーカー・型式等  /  特徴 キーワード 設置機関名
広域電子顕微鏡画像観察支援システム

自作

広域電子顕微鏡画像の観察・共有・解析支援。インターネットブラウザ経由にて国内外で利用可能。当該研究機関で開発・改良を継続中。

広域電顕観察 画像解析 理化学研究所(神戸)
3次元再構築・定量システム

MEDIA CYBERNETICS・Image-Pro 3D

連続切片から3次元像を構築・定量が可能。

画像解析 理化学研究所(横浜)
ハイパフォーマンス計算サーバ群

GPGPU型計算機サーバー5機

Deep Learning Box等に使用可能。

立体再構築 単粒子解析 画像解析 九州工業大学
Eos(電子顕微鏡画像処理支援ソフトウェア)

電子顕微鏡画像処理ソフトウェア一式(自作)

電子顕微鏡に関する全般的な画像処理が可能。オープンソースとして国内外で利用可能。迅速なプログラム開発のための環境を含んでおり、当該研究機関で開発を継続中。支援内容に応じて、新たな機能を追加可能。

立体再構築 単粒子解析 画像解析 九州工業大学

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問