メンバー

PROFILE プロフィール

長谷部光泰教授

長谷部 光泰 教授

1963年3月千葉県生まれ。植物図鑑を見ても植物の科や目の系統関係については記載がまちまちで困惑。分子情報を用いて確かな系統関係を知りたいと思い、1987年に東京大学大学院理学系研究科植物学専攻岩槻邦男教授の研究室で大学院生となる。1991年東京大学理学部附属植物園岩槻研究室助手。1992年「Molecular Phylogeny of Land Plants」で博士(理学)取得。陸上植物の系統関係の大枠が明らかになった1993年、形態進化解明の糸口を開くため、米国インディアナ州Purdue大学Jo Ann Banks博士の研究室で花の咲かないシダ植物リチャードミズワラビを用いて、花器官形成遺伝子MADS-box遺伝子の研究を開始。1996年、基礎生物学研究所に新設の種分化機構第2研究部門に助教授として着任、植物の形態進化、発生進化の分子機構研究を行うグループを立ち上げ、2000年7月より教授、現在に至る。趣味は、植物を育てて観察すること。

Curriculum vitae