依頼分析

利用にあたってのご注意

生物機能情報分析室の提供する依頼分析・合成サービスを利用できるのは以下に該当している方のみです。

  • 基礎生物学研究所、生理学研究所に所属する方
  • 各部門、研究施設の教官と共同研究を遂行している研究者
  • 教官との共同研究を前提に、機器利用を目的とする研究者
  • 生物機能情報分析室委員長が認めた方

  1. アミノ酸分析(日立:L8500A型)
  2. プロテインシーケンス(ABI:Procise494HT, Procise 492cLC)
  3. 質量分析(3 機種の中から用途に合わせて選択してください)
  4. DNAマイクロアレイ(Agilent)
  5. 次世代DNAシーケンサ(ABI SOLiD System, Illumina Hiseq1500/2500, Illumina Miseq, PacBio RSⅡ)

アミノ酸分析・プロテインシーケンス・質量分析については、利用者の依頼に基づき、生物機能情報分析室職員が行います。依頼分析・合成を希望される方は、各依頼書に必要事項をご記入のうえ、生物機能情報分析室(共通棟 I・110 室または、所内便)へご提出下さい。 また依頼される際には下記の事項をご参照の上、不明の点などは各担当者までお問い合わせ下さい。
なお、機器操作に伴う試薬・消耗品等の費用は依頼者の負担とし、部門施設別集計の上請求します。

機器利用経費・依頼分析料金のページへ