トレーニング情報

ABiS-GBI 2023 コース – 画像データ: データ解析、データ管理および再利用

日程: 2023年 7月 3日~ 7日 (5日間)
場所: 基礎生物学研究所、カンファレンスセンター(岡崎:7月 3日~ 5日)
    理化学研究所、生命機能科学研究センター(神戸:7月6日~ 7日)

 
このコースは、 Global BioImaging (GBI)と、先端バイオイメージング支援プラットフォーム (ABiS)によって共同で開催されます。
このコースでは、画像解析、データ管理、及び画像データリポジトリなど、画像データの包括的なトピックを扱います。

コース内容

7月 3日- 5日 岡崎カンファレンスセンター@岡崎にて

【講師】
  • Ignacio Arganda-Carreras (Network of European BioImage Analysts [NEUBIAS]、スペイン)
  • 加藤輝 (基礎生物学研究所)
  • 太田裕作 (基礎生物学研究所)
  • Jean-Marie Burel (Open Microscopy Environment[OME]、英国)
  • Petr Walczysko  (Open Microscopy Environment[OME]、英国)

 
【画像解析の理論的および実践的なセッション】
  • 画像の取得、フォーマット、および画像の取り扱い
  • 画像レジストレーションとStitching画像合成
  • 視覚化・可視化
  • セグメンテーションと閾値

 

7月 6日- 7日 理化学研究所、生命機能科学研究センター@神戸にて

【講師】
  • Matthew Hartley (EMBL-EBI、英国)
  • 大浪修一 (理化学研究所、BDR)
  • Aybuke Kupcu Yoldas (BioImage Archive, EMBL-EBI、英国)
  • Jean-Marie Burel (Open Microscopy Environment[OME]、英国)

 
【データ管理、画像データリポジトリに関するセッション】
  • OMERO画像データ管理ソフトウェア
  • BioImage Archive Image repository
  • Systems Science of Biological Dynamics (SSDB)

 

コースについて

このコースは、参加者同士やインストラクターとのネットワークを形成する機会も提供します。
このコースは、顕微鏡施設などで画像を取得する研究者や画像解析を行う研究者、顕微鏡施設管理やデータ管理を行う担当者を対象としています。
このコースは 25 人限定で、オンサイト(対面形式のみ)で行われます。
このコースの使用言語は英語です。

 

詳細・お申し込みはこちら

https://globalbioimaging.org/international-training-courses/abis-gbi-2023-course

旅費補助を希望の場合、コース申し込みと別に旅費援助の申し込みが必要です。
旅費補助あります(応募締め切り4月8日)

最新トレーニングニュース

トレーニング 2023.05.22
トレーニング 2023.04.03
トレーニング 2023.03.30
トレーニング 2023.03.30
トレーニング 2023.02.15
トレーニング 2023.01.18
トレーニング 2022.12.20
トレーニング 2022.12.16
トレーニング 2022.12.12
トレーニング 2022.11.30
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問