成果情報

【画像解析支援担当:安永卓生(九州工業大学)】[2018.04.23]
武谷立 教授(宮崎大学)の論文が Proceedings of the National Academy of Sciences に掲載されました


Matsuyama S., Kage Y., Fujimoto N., Ushijima T., Tsuruda T., Kitamura K., Shiose A., Asada Y., Sumimoto H., Takeya R. Interaction between cardiac myosin-binding protein C and formin Fhod3. Proc Natl Acad Sci U S A 115, E4386-E95 (2018) DOI:10.1073/pnas.1716498115

<概要>本研究では、アクトミオシンのクロスブリッジ形成の制御を通じて心筋収縮を調節する心筋ミオシン結合タンパク質C(cMyBP-C)が、アクチン重合制御因子Fhod3と直接結合することを発見しました。この相互作用はクロスブリッジ領域でのFhod3依存的なアクチン再編成に関わっていると考えられます。ABiS・画像解析支援(支援担当:安永卓生)では電子顕微鏡画像の解析の一部を支援しました。

最新成果ニュース

成果 2022.10.13
成果 2022.10.13
成果 2022.08.04
成果 2022.06.16
成果 2022.06.09
成果 2022.05.16
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
成果 2022.04.13
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問