成果情報

【画像解析支援:檜垣匠(熊本大学)】[2023.05.31]
竹田哲也 研究准教授(岡山大学)の論文が Journal of Cell Science に掲載されました


がん細胞の集団運動の制御に関わるPacsin 2の機能を解明
抗がん剤の新たな分子標的や診断バイオマーカー候補として期待!

Wint H., Li J., Abe T., Yamada H., Higaki T., Nasu Y., Watanabe M., Takei K., Takeda T. Pacsin 2-dependent N-cadherin internalization regulates the migration behaviour of malignant cancer cells. Journal of Cell Science (2023) DOI:10.1242/jcs.260827

<概要>本研究では、がんの浸潤や転移に関わる細胞の集団運動を制御する分子メカニズムを明らかにしました。ABiS・画像解析支援(支援担当:檜垣匠)では、細胞接着装置の時空間分布を定量化する方法を確立し、細胞接着装置のエンドサイトーシス機構の解明につながる支援を行いました。

プレスリリース プレスリリース(岡山大学のサイト)
プレスリリース プレスリリース(熊本大学のサイト)

最新成果ニュース

成果 2024.02.15
成果 2024.02.02
成果 2023.12.08
成果 2023.11.13
成果 2023.11.08
成果 2023.11.01
成果 2023.10.16
成果 2023.08.07
成果 2023.07.25
成果 2023.07.07
もっと見る

お問い合わせ・ご相談はこちらまで

どの支援を受けたらよいかわからない。ABiSの支援対象になるかどうか申請前に確認したい。などはもちろんのこと、具体的な技術に関する質問など、バイオイメージングに関することならどんなことでもご相談ください。

バイオイメージング相談窓口

ABiSに寄せられるよくある質問をQ&A形式でまとめました。申請される方はまずこちらをご参考ください。

よくあるご質問